Web・デザインスクールHTML/CSS入門講座レッスンノート WEB業界での職種とポートフォリオについて

WEB業界での職種とポートフォリオについて

HTML/CSS入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした!

本日はまず現状のスキルとご要望をお伺いしました。

WEB業界での職種や現状での求人票など、
またどうやったらお仕事に付けるのかまでお話させて頂きました。


【WEB業界での職種について】

WEBの業界も細分化しているところは
工程別に細分化しています。

主に現在では4つの職種に分かれています。

・ディレクター
・デザイナー
・マークアップエンジニア(コーダー)
・プログラマー


ディレクターは、
お客様(クライアント)のやりとりと、
作業者の受け渡しが主なお仕事です。

エクセルやパワーポイントを使って
進捗管理や業務指示をしたり、
お客様(クライアント)にプレゼンをします。


デザイナーは、
ディレクターの指示のもとデザインをしていきます。

最近では、デザインだけではなく簡単な
コーディングも求人欄では必要になってきていますが、
デザイナーを目指すのであれば、
まずはデザイン力を磨くのが先だと思われます。

また、新しい職種として
UIデザイナーが増えだしてきています。


マークアップエンジニア(コーダー)は、
デザイナーが作ったデザインを元に
HTML/CSS化していきます。

簡単なJavaScriptやjQueryなども
導入してカスタマイズすることもあります。

一からJavaScriptも書ける人を、
フロントエンドエンジニアともいわれています。


プログラマーは、
WEBのシステムやアプリなどを作成したり、
JavaScriptやPHPで機能を作っていきます。

よく登竜門となるのが、
PHPでメールフォームを作るというのが
よく言われています。



【WEB業界での就職について】

全くの実務経験がない場合は、
いきなり正社員やアルバイトでの採用は
かなりハードルが高いのが現実です。

ですので、
「WEBサイト更新作業」とか「WEBサイト運営補助」など
更新や運営というキーワードで探してみてください。

しかしながらこの方法ですと、
なかなか実績に結び付く
実務がつけずらいという側面もあります。


あとは、
派遣会社の力を借りて
実務を積むという方法もあります。

こちらは複数社登録して頂き、
ご自身の志向とご希望とスキルで
お仕事を紹介して頂けます。

こちらでお仕事をしながら経験を積んで、
次に繋げていくとご自身の実務がついてきます。


どの業界でもそうかもしれませんが、
何事も積み重ねで上達していきます。

ぜひコツコツと実績を積み上げてみてください。



【ポートフォリオについて】

どうしてもWEB業界で
どのようなお仕事であっても
ポートフォリオは重要視されてきています。

まずはポートフォリオを作るためにも、
1からデザイン~コーディングするのは
時間もかかりますし、ハードルも高いのも事実。

そこで、
現状無料でありますHTMLテンプレートを使って、
カスタマイズをしながらサイト作りをしてみてください。

そのためには、
サイトのコンセプトと写真素材を集めて頂くだけで、
作り上げることは可能です。

そのサイトが3つぐらいジャンルが違うものでご準備頂ければ、
かなり面接時の印象も変わってきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

制作会社で自力で得た実践的ノウハウ伝授。WEBデザイナーも夢じゃない!

初心者でもできるHTML・CSS入門講座
藤田佳 (HTML/CSS)

梅田/大阪・西宮(JR)・摂津本山・三ノ宮・元町・神戸・垂水・西宮北口・西宮(阪神)...

レッスンノート ページ先頭へ

HTML/CSS情報

サイタのHTML/CSS講師がブログを通して、HTML/CSS情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

HTML/CSSの先生

@DTPCyta