サイタ音楽教室ホルン教室 東京 ホルンスクール白 レッスンノート 曲練習

曲練習

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・コンクール曲

ソロはまず、フレーズを意識しましょう。すべての音が全く同じでは抑揚がなくつまらないソロになってしまいます。
フレーズの中でどの音を1番聞かせるか、どこに山を持っていくかを意識して吹きましょう。
音色に関してはやせ細った音や割れた荒い音にならないよう太い息を使い吹きましょう。
拍子が6/8なので少なくとも1.4拍は意識してカウントします。
ソロ前の8分休符で準備するのでは間に合いませんのでソロの始まる小節の頭には準備を整えましょう。

跳躍や広い幅の音の移動はアパチュアのコントロールだけではなく息の太さや勢いも同時に変えなくてはなりません。
一気にオクターブの練習ではなく一つの音を基準に半音ずつ上がる練習を行ってください。

ハイトーンを鳴らすためにはハイトーンを吹く時のアパチュアに音を鳴らすための息の量を使うことになれなくてはなりません。
息を吹き込む量が増えるとアパチュアは開きます。開いてしまうと音が下がってしまったりピッチを保てません。
息を吹き込む量に合わせてアパチュアが広がらないようにする動きが必要になります。
その感覚に慣れるためにハイトーンでクレッシェンドをする練習を行ってください。
ある程度慣れましたら頭からたっぷり鳴らす練習を行ってください。
新着レッスンノート

曲の雰囲気に合わせて音の吹き方を考えましょう。 譜面に書かれていることをそのまま吹くだけでは機械的になってしまうので、その時一緒に吹いてるメロディの雰囲気に合わせて書かれているアーティキレーションをどのように吹くか考えます。 カウントはしっかりとりましょう。 指揮を見ながらだとだいぶ違う...

この度は体験レッスンへお申し込み下さりありがとうございます! 体験レッスンのレッスンノートは下記です。 基礎練習 F管で行う分散和音 1日の最初のウォーミングアップなので沢山息を使って練習を行ってください。 リップスラー 音がボコボコしないよう気をつけて練習を行ってくださ...

ダッタン人の踊りの冒頭はメトロノームを付けながら練習を行ってください。 自分にとって難しい部分で遅くなり簡単になると転んでしまうのでテンポの中でしっかりならせるように練習しましょう。 タンギングですが、前回同様まずは隣あったふたつの音に慣れましょう。そこから徐々に一息で吹く音を増やし...

この度は体験レッスンお疲れ様でした! 大変お待たせ致しましたが下記は体験レッスンの内容です。 ロングトーン 吹き始めのウォーミングアップで行う際はしっかり息を吸いたっぷり息を吐きましょう。 伸ばしている音のピッチも同時に意識したいのでチューナーを見ながら練習を行ってください...

まだまだ出しに行くい音が多いと思うので、焦らず音になれる練習を行ってください。 焦って曲を吹こうとして間違った音で覚えてしまったり音が出ないと効率が悪いので、曲で使うの音を鳴らす練習をじっくり行ってください! 譜面を見ながら音と音の繋がりを確認し、確認が終わったらゆっくりのテンポでリズムを...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!