音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
リップスラー
ノータンギング
タンギング
音階

ロングトーンは音を先につなげるイメージで吹きましょう。
その為には息が止まってしまわないよう気をつけてください。
常に奥へ奥へ息を吹き押すイメージです。

リップスラーはF管を重点的に練習してください。
音の移り変わりと共にアパチュアのコントロールと息の速度や太さも変化させます。
これらがあまりピンと来ない時は音階の練習とリップスラーの練習を交互に行いましょう。

ノータンギングの練習は自分の意思でアパチュアをまとめる練習です。
タンギングや息の勢いに頼らずに唇を振動させ音を出します。
この練習は小さい音で練習を行ってください。
なれるまではテンポななくて問題ありません。
慣れてきたらテンポをつけ練習を行ってください。

タンギングは息を吐く流れを止めないでください。
タンギングによる音の間隔は舌で息を止める長さで変わります。
タンギングで息の流れを止めた時に息を吐く流れも止めてしまうと音が不安定になってしまいます。
息を止めないことに慣れるために長い音でタンギングする練習を行ってください。
音が均等になるように意識してください。

音階はすべての音階ができるようにしましょう。
その音階の響きや和音を意識して練習を行います。

どの練習でも構いませんが楽器を鳴らす練習を行ってください。
楽器をしっかり鳴らすためには楽器にしっかり息が入らないとなりません。
ですのでしっかり息を吸う練習もおかなってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!