音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
リップスラー

吹くための基本的な姿勢についてですが、手の入れ方が手のひらで楽器を支えるのではなく手の甲(主に親指人差し指のあたり)で支えるようにしてください。
右手はただ楽器を持つためだけではなく音程のコントロールなどの役割がありますので気をつけてください。

楽器を吹く時、常にしっかりブレスを取ることを心がけましょう。
楽器を吹くため、いい音を鳴らすためにはブレスは必要不可欠です。
生きなくしては音はなりません。
普段の生活では深いブレスをとることはあまりないので楽器を吹く時は意識しなくては出来ません。
まずはゆっくりからで構わないのでブレスをしっかりとる練習を行ってください。

リップスラー
リップスラーですが、音のつながりが悪かったりぼこぼこしてしまう時は間の音を入れて練習を行ってください。
途中の経過音を入れた状態で音がつながらなくてはスラーでも出来ません。

・曲
ゲシュトップはベルをしっかり塞ぎ普通に吹く時以上に勢いのある早い息を入れ吹きます。
強弱もffなのでしっかり息を入れ鳴らしましょう。
ホルンはほかの楽器と違いベルが後ろを向いているため常に大きめに吹くようにしないと埋もれてしまいます。mf以上の音は1.5倍くらい大きめに吹くよう心がけましょう。
最後の方のところは休符をしっかり感じるため、正確に音をとるために休符にも後ろと同じ音を入れて練習してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!