音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ホルンという楽器を演奏するための基礎

・マウスピースで音を出す。
まず、自然に閉じた状態の口にマウスピースを当てます。
当てる時は下唇の方に重心をおきます。
マウスピースを当てましたら口の周りを少しピンと支えます。
そのセッティングがずれないよう現段階では鼻から深くブレスを取ります。
その後すった息を思い切り口からはきます。
現段階では唇を振動させる感覚を定着させるためにすった息をたっぷりはくよう心がけてください。

次に楽器を手にしてみます。
左手は楽器の小指掛けの部分に小指をかけ、そこから3本のキーの下から順に薬指中指人差し指と添えます。
1つ離れたキーに親指を添えます。
右手はベルの中にれます。
ポジションとしては手の甲が楽器の表面側に当たるような位置になります。

マウスピースを楽器につけて音を出してみます。
まず、親指のキーのみを押して出すことの出来る音(Bの倍音)を出します。
どの音が出ても構いません。
出すことの出来る音を安定させていきましょう。
楽器に息を入れる時は常に息を吹き込み続ける押し込むような意識で吹きます。
息の流れが止まってしまうと 音が不安定になってしまいます。

現段階で楽器とマウスピースが無いため手元に揃うまではブレストレーニングを行うことをおすすめします。
ブレストレーニングの方法としては、まず
1度ゆっくり肺の中の息を吐ききります。
続けてゆっくり深く鼻から息を限界まで吸います。
あばら骨が開き肺が息で満たされる感覚をよく覚えてください。
そしてすった息を吐きます。
この感覚が掴めましたら今度は同じ事を口から行います。
息を吐く時はマウスピースを口に当てているイメージで口の形を作り音を出すイメージで勢いよく吐きます。

楽器を演奏するためにはしっかり息を吸いたっぷり吐くことがとても重要です。
是非ブレストレーニング。行ってみてください!
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!