音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
リップスラー
ノンタンギング
リップトリル

最初の音出しは身体をおこすためにしっかり息を吸い楽器にたくさん息を入れるよう心がけてください。
楽器を吹く時のブレスは普段の呼吸の延長線ではありますが普段から深く息をすって思い切り吐くという呼吸はしません。
慣れないことは突然やろうとしてもできないので楽器を吹く際はブレスを意識しましょう。
ロングトーンの際、チューニングも同時に行いましょう。
チューナーを見ながら全ての管の抜き差しを行います。
チューナーの真ん中のメモリから大きく外れない程度に抜き差しを行ってください。
ピッチが高い時は管を抜き低い時は入れます。
チューナーを見ながらよく音を聞いてみてください。

リップスラーはスラーなので音が切れてしまったりでこぼこしないよう気をつけてくい。
音と音の移り変わりがなめらかになるよう、次の音に息を吹き込み向かわせるイメージで吹くと綺麗に音が繋がります。
まずはゆっくりから息の流れを意識して練習を行ってください。
最初は途中の倍音が入ってしまっても構いません。最終的にその音がない状態で音が繋がれば問題ありません。

アパチュアのコントロールの練習のため意識して口をまとめタンギングに頼らず音を出す練習も行ってください。
その際このノンタンギングの練習は小さい音で行います。
大きい音では息の勢いで音が出てしまうので小さい音で行います。
ノンタンギングの練習のあとには必ずタンギングの練習も行いましょう。
タンギングをしない時と同じような感覚でタンギングをしても音が出ることが理想です。

リップトリルはプレスをせずに息の流れのコントロールとアパチュアのコントロールで行います。
リップスラーの時と同様、音が切れないよう気をつけてください。
高い音になってもプレスしないよう気をつけてください。
まずはゆっくりから練習を行ってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!