音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
リップスラー
ノンタンギング

・曲

はじめの音出しはまず身体を楽器を吹く状態に起こさなくてはなりません。
そのためにしっかりブレスを取り楽器にたくさん息を入れましょう。
それと同時に楽器のチューニングを行わなくてはいけませんのでブレスを意識しつつチューナーを見ながらロングトーンをおこないチューニングを行ってください。

F管のリップスラーは管が長くなるためB管に比べて難しくなります。
ですのでB管の時よりも意識的に躊躇せず息を入れましょう。
現段階では音が外れてしまっても問題ありません!
それよりも息を流すことでスラーがなめらかにできるコツを掴むことが重要です。

ノンタンギングの練習はより正確なリップコントロールの為です。
息やタンギングの勢いに頼らず意識的にアパチュアをコントロールしイメージ通りに音をだす。
これができれば今以上に音が外れにくくなり小さい音も安定して出せるようになります。
この練習を行う際音量は小さくしてください。そしてノンタンギングのあとは必ずタンギングの練習も行ってください。

初めてやる曲や難しい曲などまずはしっかり楽器を鳴らした状態で練習すると案外簡単にできたりします。
口先や指だけでコソコソやるのではなくまずはしっかり吹くことが大切です。

七夕のsoliの部分はスラーのついているひとフレーズ(最初のレから最後ソまで)を息の流れが止まらないように吹くと綺麗に繋がると思います。
スラーの中でタンギングをする時に前の音で切れてしまわないよう気をつけてください。

アンダーザシーはまずゆっくりのテンポまたは4拍どりでリズムよみをしてください。
拍に対してのリズムがわかるとテンポが上がっても迷わず音が並ぶよになると思います。

英雄の証はまずイメージをしっかりもって吹きましょう。
狩りや英雄というワードに自分自身がふさわしいと思う音で吹こうとするだけで演奏はぐっと変わります!
注意する点としてはタイでつながる音や長い音が間延びしてしまわないよう次の食いつきのために少し長い音を短く区切るといいです。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!