音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
リップスラー
タンギング

まず、楽器のチューニングは必ず行いましょう。
その日楽器を吹く場所でチューナーを見ながら全ての管の抜き差しをしてチューニングを行ってください。

どのような音を出す時も必ず
息を吐き息を吸い口のセッティングを整えてから息を楽器に吹き込むという流れを意識してから吹いてください。
ホルンは管が長いのでマウスピースだけではなくホルンの管全てに息が入りなおかつベルより先お客様に向けて音を出すイメージです。

リップスラーはB♭管F管両方練習しましょう。
この時、FとGの間に上の音を出す口と下の音を出す口の境目があるので、口を突然変えずに音が移り変われるような息の流し方を研究してください。

タンギングは舌を離すごとに顎や口が動かないように気をつけましょう。
発音してから動くと音がぶれます。
テンポは確実にできるテンポから徐々に上げていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!