音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
リップスラー
タンギング

・曲

どのような時でも音を出すときはしっかり息を吸う事を心がけましょう。
息なくしては音はなりません。
しっかり息が吸え息が楽器に入っていればいい音も安定した音も出す事ができます。

リップスラーは音が上がるときに凸凹しやすいので気をつけてください。
上の音に向かって息を吹き込むイメージで吹くと吹きやすくなります。

タンギングを行う際、アンブシュアのセッティングが発音より後に来ないよう気をつけてください。
セッティングが遅れてしまうと音が出なかったり安定しません。
息を吐き息を吸いアンブシュアのセッティングを整え息を流す。この流れを鏡を見て確認しながら練習してみてください。

曲を練習する際、まずはしっかり音を出して練習しましょう。
難しいパッセージもスラーも跳躍も口先で音を確認するのではなくしっかり音を出して練習した方が効率がいいです。
しっかり吹き込む事で案外簡単にいろんな事が出来るようになります。

全体的に常に大きめに吹くよう心がけてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!