音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
リップスラー
音階(Fdur.B♭dur.Cdur)

どんな音出しをする時もしっかり息を吸って吐きましょう。
ホルンと言う長い管の楽器を鳴らすためにはたくさん息を入れなければなりません。
たくさん息を吸うためにはまずしっかり息を吐いて下さい。
しっかりしたブレスを身につけるためにまずはある程度ゆっくり時間をかけてブレスを取りましょう。
慣れれば早いブレスもしっかり吸えるようになります。

ロングトーンの練習を行う際音が一つ一つ分離してしまわないよう息の流れを止めないよう意識してください。
タンギングで息の流れを止めても息を吐こうとする流れは止めないでください。

リップスラーはリップコントロールの練習になりますので行ってください。
唇の動きだけでは無く息の流し方にも注意して練習を行ってください。

音階は全調吹けるようにしましょう。
音階の練習を行う際その調の和音の響を頭に鳴らしながら練習を行ってください。
音階もロングトーン動揺フレーズを意識して先の音に向かっていくイメージで吹きましょう。

低い音は高い音を吹く時より息の支えが無いと音が不安定になりますのでしっかり息を吹き込みましょう。

高音は躊躇せず息を吹き込みましょう。
この時息は細くはやい息の流れを作るようしたの位置やアパチュアを意識してください。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!