音楽教室ホルン教室レッスンノート

ホルン教室レッスンノート

サイタのホルン教室のレッスンノートです。レッスン終了後に、担当のコーチが毎回レッスンの要点をまとめた「レッスンノート」を送ってくれます。受講生のほとんどは、ホルン初心者が中心で、目指すことは人それぞれです。

レッスンノートを詳しくレッスンノートについて詳しく

前回からの続き
前回からの続き
fとpについて 練習するときの考え方 和音について
初回のレッスン
初回のレッスン
スラーの仕方 タンギングの仕方 姿勢の作り方 楽器に行き詰まったら、どうするか
レッスン
レッスン
今回リップスラーを静かな音量(p)でしていただいたように、タンギング等の基礎練習も様々な音量(pp-ff)でやってみると良いと思います。常に良い音で演奏しているかどうかご自身の耳で判断してみて下...
基礎練習
基礎練習
テヌートやマルカートでタンギングをする際に息のスピードや圧力を保った状態だとより良くなっていました。 自然倍音を利用した練習、高音域の練習では口周りと息だけではなく、アパチュアを適切に閉じてい...
練習方法・内容
練習方法・内容
レッスンの中でお伝えしたように、バズィングやマウスピースでの練習をしばらくの間だけでも続けてみてはいかがでしょうか。基礎練習の時から音と音が滑らかに繋がるよう心掛けてみて下さい。その為にも、しっ...
ハイトーンについて
ハイトーンについて
頭を動かせるように意識すること、そこに背骨をつけて行くこと。 上唇を中に入れること。 歌うように楽器を吹くこと。 息のスピード、口の中の広さ、口の周りの筋肉の使い方。
ホルン五度
ホルン五度
お疲れ様でした! 【基礎】 ・ロングトーン(オクターブ) ユニゾンのときは音程も安定しますが、和音になったときに少し惑わされる感じがあったので、気持ちよくハマるハーモニーを感じてみてく...
ディズニーソング
ディズニーソング
お疲れさまでした! 【基礎】 ・ロングトーン ・リップスラー ・スケール(タンギング) 運指が絡まない練習ではしっかり息も入っていました スケール等運指の絡むものは息が流れにく...
曲へのアプローチ
曲へのアプローチ
お疲れさまでした! 【基礎】 リップスラー ・ソミドミソ ・ドソミドミソド ・ドミソドレドソミド でこぼこならずに一本のラインになるよう、息の流れでコントロールしてみてください♪...
演奏会に向けて
演奏会に向けて
お疲れさまでした! 【基礎】 低音域での ・ロングトーン ・アルペジオ(F,D,B、E,Cis,A、Es,C,As~) ・タンギング 各音域が同じように聴こえるように、音域に...

ホルン教室のレッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!