Web・デザインスクールホームページ作成講座レッスンノート ユーザビリティ・ターゲット・ゴール

ユーザビリティ・ターゲット・ゴール

ホームページ作成講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はありがとうございました!

高橋さんは、基本的な知識・スキルはお持ちのようだったので、いきなりサイト制作において大切な部分のお話をしました。

・ユーザビリティ・ターゲット・ゴール
この3点をふまえてより良いサイト制作を目指します。
ユーザビリティはより使いやすく、ターゲットはより具体的に、ゴールは明確に。

ただし、業務においてはミーティングなどの前にデザインを要求される場合も多々あります。また、コンペといったケースもあります。
こういった場合は、クライアントをしっかり調べた上で、うちならばこういったことができます!といったアピールの部分が大切です。

・技術的なこと
サーバーについては、個人ならばレンタルサーバーを借りるのが通常ですが、会社である場合は自社サーバーがあったり、サーバー業者が絡んできたりします。
しっかりシステム要件などを把握しましょう。
またスマホサイトも一つのhtmlで作成できるレスポンシブデザインを採用するか否かなどの決定、対象ブラウザー(主にIEのバージョン)の決定、コーディングにおいてhtmlやCSSのバージョンをどうするか。Jquery(JavaScript)やPHPを使うか。スケジュールや参加メンバーの把握も含めて、決定は主にディレクターが行いますが、ディレクターでなくとも、共有は絶対に必要な部分なので、しっかり把握しましょう。

また、ディレクターから構成図やコンテンツリスト、場合によってワイヤーフレームを渡され、それを元に作成していくことになります。
構成図はフォルダ階層、コンテンツリストはページのパスやSEO(descriptionやkeyword)などページ毎に必要な情報がまとめられています。
ワイヤーフレームはページの骨組みにあたるもので、デザイナーが起こすケースもあります。それぞれの情報をページのどこに配置するか、ユーザビリティに関わる部分です。

小さなデザイン会社などでは、これらを全て任されるケースもあります。また、業界全体としてディレクターが不足気味であることから、こういった知識があった方が有利になります。(実際はもう少し煩雑な作業が幾つかあり、そのための知識も必要になります。)
もし、Web業界を目指されるのであれば、ディレクターを目指すというのも一つの方法です。その場合、その方面で必要なことをもう少し突っ込んで学んでいきたいですね。

もうofficeは用意されているようですが、、macであれば、pages・numbers・keynoteといったソフトも安くて便利ですよ!

レイアウトの基本パーツやカラムについてはもうご存知だったようですが、
ヘッダー、サイドバー、メインビジュアル、メインコンテンツ、フッターで構成されます。ヘッダー・フッターを除いた部分の縦のかたまりがカラムです。

以上のような内容でした。
このレッスンノートを書いたコーチ

元・グラフィックデザイナー。ゼロ~大手企業サイト制作で培ったコツまで

誰でもできる!Web教室
シバタダイスケ (ホームページ作成)

新宿・吉祥寺・三鷹・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・武蔵境・東小金井・武蔵小金...

レッスンノート ページ先頭へ

ホームページ作成情報

サイタのホームページ作成講師がブログを通して、ホームページ作成情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ホームページ作成の先生

@HomepageCyta