Web・デザインスクールホームページ作成講座レッスンノート WordPressとFacebookページの更新の仕方について

WordPressとFacebookページの更新の仕方について

ホームページ作成講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。

本日は業者様に作成していただいた
WordPressで作られたサイトや、
Facebookページについて
お教えさせていただきました。

WordPressやFacebookの
仕様や制限などで
実現できるかどうかを
探りながらお伝えしました。

最終的には
アップロードやダウンロードなど
する必要が出てきますので、
業者さんにサーバ情報を
聞き出しておいてくださいね。



【WordPressについて】

WordPressは自動的に
投稿記事や固定ページのリンクなど
吐き出せるようなプログラムになっています。

そこでどのページでも
デザインを統一させるために
テンプレートが使われています。

しかしながら
このテンプレートを編集するためには、
ある程度のHTML・CSS・PHPの知識が
必要となってきます。

最初はまず
このテンプレートを編集するのではなく、
投稿記事や固定ページで
すこしずつHTMLを使いながら、
更新方法を学んでいってください。


調べてみますと、
トップページが固定ページの
「トップページ」になっておりました。

こちらの部分に
文章や画像などを入れて頂いて、
「更新」を押していただくと
ページが更新されます。

画像を入れる際には、
「メディアを追加」ボタンで
載せたい画像を追加します。


ただ1点注意していただきたいのは、
現状の管理画面では
必ずタグ(要素)を入れないと、
うまく表示できない仕組みになっています。

改行される場合は、
<br>
を入れてください。

文字のサイズ・色を変える場合は、
<font size="6" color="red">変えたい文字</font>
のようにしてください。

ページに飛ばしたり、リンクをつける場合は
<a href="URL">飛ばしたいリンクテキスト</a>
のようにしてください。



【Facebookページについて】

Facebookページのカバー写真は、
パソコンでは幅828ピクセルx高さ315ピクセル、
スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセル
の大きさとなっております。

このサイズに合うように
画像を切り抜くように
設定してください。

できるだけイメージ分かりやすいように
載せたい画像を工夫して
作成してくださいね。


投稿部分ですが、
こちらは普通に文章を打つ
仕様になっていて、
途中でリンクなどつけれません。

写真も途中で入れることもできなく、
記事の上に写真が載る
決まったレイアウトのみでしか
作ることができません。

ですので、
Facebookページの投稿には
サービスの一部の情報を載せたり、
活動状況を載せるのが
一番のベストかと思います。

そのなかで
講演会やセミナーなど開催される場合は、
Facebookページの違う機能で
参加を呼びかけるようにしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

現場で培ったノウハウでHPクリエイターを育成!初心者や社会人の方も歓迎

ホームページクリエイター育成講座
藤田佳 (ホームページ作成)

梅田/大阪・甲子園口・西宮(JR)・摂津本山・三ノ宮・元町・神戸・垂水・西宮北口・甲...

レッスンノート ページ先頭へ

ホームページ作成情報

サイタのホームページ作成講師がブログを通して、ホームページ作成情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ホームページ作成の先生

@HomepageCyta