サイタ趣味の習い事囲碁教室 東京 はせこー囲碁スクール レッスンノート 囲碁の世界へようこそ

囲碁の世界へようこそ

囲碁教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日の体験レッスンは、囲碁を始められる方の入門講座でした。

囲碁をされる方が増えるのは本当に喜ばしい限りです!

囲碁の入門で躓かれる方は何だかんだで多いです。
いきなりテクニックや情報量を多くしすぎるとワケがわからなくなったり、面白くなかったりしてしまう印象です。


石の取り方、囲み方はとてもセンスが良いので理解が早くて驚きました。

石が増えてきても石が取れる状態、取られてしまう状態に気が付けるようになりましょう!
こうした発見力はまずは慣れです!量をこなしていきましょう!

今日は囲碁用語を「アタリ」という言葉だけ覚えていただきました。

次に石が取れる状態、取られる状態、つまりはリーチの状態をアタリといいます。

まずは、このアタリの発見精度を高めていきましょう。

囲碁には得点となるモノが主に2つあります。

1つは囲んで取った石、
もう1つは陣地なのですが、相手から入ってこられても取れる状態を作れば最終スコアの得点となる事を今回は定義づけました。

この考え方は今後、理解度によってアップデートしていただいて構いません。

纏めると石の取り方に加え

〇スコアの計算方法
〇終局の仕方
〇陣地という概念

についてシェアさせていただきました。


あとは抽象的にはなりますが、ポイントをいくつか

〇取りたい石は碁盤の端の方に追い詰めるイメージ
〇線が繋がっていない「ナナメ」にご用心
〇自分の味方の石の近くから陣地を広げていくイメージ

等が挙げられます。

とても勘とセンスがよろしかったので、細かいテクニックやルールを教え込まないでも、終局のイメージをつかむ事ができたと思います。


私は囲碁が打てます!と自信を持って言っても良いです!

トライアンドエラーを繰り返し、実戦を重ねて楽しみながら上達していきましょう!
新着レッスンノート

今回は新年1回目のレッスンでした。 ビッグゴール(目標)を目指し、スモールステップ(課題)をクリアして、頑張っていきましょう! 今回、気になったのは勢力圏での打ち方です。 相手の勢力圏内では、「軽く」打つことを意識しましょう。 自分のしっぽを取られても、相手の身をし...

今回も布石について多めにやりました。 布石については、まずプロの打ち碁を沢山見る事をオススメします。 そして簡単な3択くらいの問題を解いてみる事。 布石については、広いところから打つ事が原則として、それに加えて狙いや発展性、石の強弱が非常に絡んできます。 布石が一段落してく...

今回は、模様の碁についての考え方をシェアしました 厚みや模様の碁についての考え方は十人十色のところがあり、そこが難しくもあり楽しくロマンの感じるテーマではあります。 初級者同士の布石だと模様の張り合いになる事が多いので、模様の感度が高いと得することが多いです。 今回お伝え...

常々繰り返しですが、石の強弱にアンテナを張っていきましょう! 自分の弱い石はないか、あるいは相手の弱い石はないかをまずチェックして、着手の方向性を決めていきましょう。 9子局においては相手の石の連絡を絶つ、自分の石の連絡を図る。 このイメージから思考を進めていきましょう。 ...

今日の生徒さんとは久しぶりの対面レッスンでした。 とても、勘がよろしく部分的な断点や欠陥への感度が鋭いと感じました。 読みは基礎の部分で筋肉のようなモノです。 鍛えれば成長するし、鍛えなければ地力は付いていきません。 まずは基本の詰碁や手筋で石を置かずに読みをいれる習慣をつ...

レッスンノート ページ先頭へ