サイタ趣味の習い事囲碁教室 東京 はせこー囲碁スクール レッスンノート 情報に触れていきましょう!

情報に触れていきましょう!

囲碁教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンという事で、まずは自己紹介とカウンセリングをさせていただきました。


とても、具体的なお話をしていただけるので、ついつい話が長くなってしまいました。
ありがとうございます。


囲碁を打つ上で生徒さんとの生活スタイルと、お時間が合わない事が悩みのネックという事でしたが、月並みではありますがインターネット対局を利用されるのが解決の糸口かと思います。

そして、リアルの場では私を活用していただければなどと思います(笑)


囲碁のルール理解度は問題なくクリアだったので、やはり実戦形式でワークをさせていただきました。

手合い割りは13路盤で4子局。

序盤、中盤、終盤の流れを手直しやコメントを交えながらやらせていただきました。

とても勘がよろしく、守りも優れていて見事に勝利を納められました。

ポイントはいくつかありますが、纏めると

●弱い石から動いていく
●どれが大事な石かを見極める
●何故?を考えながら打つ。

突き詰めると色々ありますが、まずはこのあたりを意識してみていただければと思います。
沢山失敗することもあると思いますが、今は質より量で慣れが必要な段階とも言えます。

とにかく色んな情報や知識に触れ、それらを実践してみてください。

時には失敗の違和感を感じたら遠慮なく強い人に聞いて原因を究明してみる事で、上達の速度は速まっていきます。


楽しんでやっていきましょう!
よろしくお願い致します!
新着レッスンノート

今回は新年1回目のレッスンでした。 ビッグゴール(目標)を目指し、スモールステップ(課題)をクリアして、頑張っていきましょう! 今回、気になったのは勢力圏での打ち方です。 相手の勢力圏内では、「軽く」打つことを意識しましょう。 自分のしっぽを取られても、相手の身をし...

今回も布石について多めにやりました。 布石については、まずプロの打ち碁を沢山見る事をオススメします。 そして簡単な3択くらいの問題を解いてみる事。 布石については、広いところから打つ事が原則として、それに加えて狙いや発展性、石の強弱が非常に絡んできます。 布石が一段落してく...

今回は、模様の碁についての考え方をシェアしました 厚みや模様の碁についての考え方は十人十色のところがあり、そこが難しくもあり楽しくロマンの感じるテーマではあります。 初級者同士の布石だと模様の張り合いになる事が多いので、模様の感度が高いと得することが多いです。 今回お伝え...

常々繰り返しですが、石の強弱にアンテナを張っていきましょう! 自分の弱い石はないか、あるいは相手の弱い石はないかをまずチェックして、着手の方向性を決めていきましょう。 9子局においては相手の石の連絡を絶つ、自分の石の連絡を図る。 このイメージから思考を進めていきましょう。 ...

今日の生徒さんとは久しぶりの対面レッスンでした。 とても、勘がよろしく部分的な断点や欠陥への感度が鋭いと感じました。 読みは基礎の部分で筋肉のようなモノです。 鍛えれば成長するし、鍛えなければ地力は付いていきません。 まずは基本の詰碁や手筋で石を置かずに読みをいれる習慣をつ...

レッスンノート ページ先頭へ