サイタ趣味の習い事囲碁教室 東京 はせこー囲碁スクール レッスンノート 13路盤を使った1局の流れ

13路盤を使った1局の流れ

囲碁教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

初回でしたので、まずは簡単なお互いの自己紹介をさせていただきました。

人によって適切な指導法がありますので、囲碁に関しての接し方や考え方などをカウンセリングさせていただきました。

囲碁を始めて半年との事でしたが、デジタルツールも活用されていて素晴らしく思いました。


カフェでのレッスンだったので、パソコンのディスプレイ上で13路盤を使って1局の流れを指導させていただきました。


今回は初回という事もあったので、1手ごとにフィードバックや検討をしていくスタイルでやらせていただきました。


いくつかポイントがありましたが、絞ってポイントを纏めると、、


●自分の弱い石から動く
●自分の石が繋がるように打っていく
●3手の読みを習慣づける

まずはこの3点を意識されると違ってくると思います。

●コウを恐れない
●不必要なところを守らない、手入れない

なども挙げましたが、こちらは読みのトレーニングが必要になってきます。

積極的に問題を解いてテストする習慣を付けていきましょう。



最後に次回までに取り組んでいただくテキストをお渡して、YouTubeを是非活用していただくよう、勉強法やマインドセットに関するシェアをさせていただきました。


初回で私も緊張していたのですが、とても気さくで積極的に囲碁に取り組まれている生徒さんで、これからが本当に楽しみです。

ありがとうございました!
新着レッスンノート

今回は新年1回目のレッスンでした。 ビッグゴール(目標)を目指し、スモールステップ(課題)をクリアして、頑張っていきましょう! 今回、気になったのは勢力圏での打ち方です。 相手の勢力圏内では、「軽く」打つことを意識しましょう。 自分のしっぽを取られても、相手の身をし...

今回も布石について多めにやりました。 布石については、まずプロの打ち碁を沢山見る事をオススメします。 そして簡単な3択くらいの問題を解いてみる事。 布石については、広いところから打つ事が原則として、それに加えて狙いや発展性、石の強弱が非常に絡んできます。 布石が一段落してく...

今回は、模様の碁についての考え方をシェアしました 厚みや模様の碁についての考え方は十人十色のところがあり、そこが難しくもあり楽しくロマンの感じるテーマではあります。 初級者同士の布石だと模様の張り合いになる事が多いので、模様の感度が高いと得することが多いです。 今回お伝え...

常々繰り返しですが、石の強弱にアンテナを張っていきましょう! 自分の弱い石はないか、あるいは相手の弱い石はないかをまずチェックして、着手の方向性を決めていきましょう。 9子局においては相手の石の連絡を絶つ、自分の石の連絡を図る。 このイメージから思考を進めていきましょう。 ...

今日の生徒さんとは久しぶりの対面レッスンでした。 とても、勘がよろしく部分的な断点や欠陥への感度が鋭いと感じました。 読みは基礎の部分で筋肉のようなモノです。 鍛えれば成長するし、鍛えなければ地力は付いていきません。 まずは基本の詰碁や手筋で石を置かずに読みをいれる習慣をつ...

レッスンノート ページ先頭へ