語学の習い事フランス語教室レッスンノート 前文との関係を明確にする接続詞を用いるとより文章の流れが自然になります。

前文との関係を明確にする接続詞を用いるとより文章の流れが自然になります。

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お待たせ致しました。作文の添削です。ご質問の回答も改めてご送付します。

La dernière fois, en chemin de retour, j aurais voulu/je voulais dire que j espérais qu il ne pleuvrait pas.

J ai lu le magazine avec votre article./dans lequel votre article était présenté.
Quelle surprise !
Vous êtes professeur d EFY ! J y ai étudié il y a 4 ans. Je connais la directrice Takamura et Loïc.

Cette année, j ai demandé si je pouvais entrer à cette (経営者に対してはvotre) école pour étudier dans la classe de TV news.
>主語 je の重複を避けるために1文にしました。

Mais, elle a refusé parce que mon niveau était bas./à cause de mon niveau.
>parce que の後には必ず主語+動詞を用います。あるいは à cause de +名詞 を用いることができます。

Cette classe était très difficile.
>elle a refusé という複合過去の行為を基準にしているので,半過去を用いるほうが自然かもしれません。

J ai été déçue, mais maintenant, j ai enfin compris.
>recemment も用いることができますが,「やっと」というニュアンスを含む maintenant が文脈には合っているかもしれません。また,1文にすることで少しすっきりさせました。

Jusqu à maintenant, je ne suis pas arrivée à entendre/je n entendais ce que quelqu un disait en français.
>ne pas arriver à +inf. =〜することができなかった
>過去のことなので,半過去を用いました。

C est peut-être parce que je n ai presque jamais lisais à haute voix.
>前文との関係を明確にする接続詞を用いるとより文章の流れが自然になります。prononcer=発音する,lire à haute voix=朗読する のうち,よりご自身に当てはまる方をお選びいただくとよいです。

Je n avais jamais imaginé que ça se passerait ainsi.
Votre conseil m a bien aidé.
>Je suis bien conseillée par vous. は文法的には正解ですが,時々主語を je 以外にすることで,文章に変化を持たせることができます。
Depuis un mois, je lis un texte à haute voix. Mais je ne pouvais entendre que 2 mots à la télé.
>1ヶ月前から現在も継続中の行為については,depuis を用います。また,後の文との関係を表す接続詞を用います。ここでは mais を用いてみました。ニュアンスとして,よろしいでしょうか。

Comme il ne me reste que 7 mois, je ne sais pas si je pourrai être prête pour l examen en juin.
>Je pourrais être prête .... en juin ? のように,Je pourrais... で始まる文の場合は 「?」で文を終えるとよいでしょう。Pourrais-je としてもよいです。
>文章に動きを持たせるために,Comme +理由 を用いました。

Je travaillerai/vais travailler le français davantae à partir d aujourd hui !
>aller+inf.を用いると,より確実な未来について表現することができます。

その他:フランス語の ! や ? の前には,スペースを置きます(英語と違うようです)。
このレッスンノートを書いたコーチ

仏語教員免許所得!旅行や食、ライフスタイルまで話題が絶えないレッスン

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta