語学の習い事フランス語教室レッスンノート 「er」動詞

「er」動詞

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

この週末はイベント業務にて終日慌ただしく時間が無くて、レッスンノートの記入が遅くなりました。
こちらは先週金曜日のレッスンノートです。すみませんデス。m(__)m

久々のレッスンなので、基本会話を聞いて「フランス語の音」を思い出しながら確認していきました。
フランス語に触れることなく期間があいて、久々のレッスンですっかり忘れていて答える事が出来ないってのは…、そりゃ当然のことです。(^_-)
日頃は忘れていて構いません。すぐに分からなくても、何かのきっかけで思い出すことができるはずです。

結局のところ、学んだことの「思い出し易さ」は、フランス語に触れたり意識して考えたりする時間量に比例します。続けていれば「繰り返している」うちに自然と解決します。

基本会話では、習っていない表現も含まれていましたが、シチュエーションの想像で回答はかなりイイ線イってました!
大丈夫です。エエ感じデス!(^_-)

簡単に主語人称代名詞 je, tu, il, elle, nous, vous, ils, elles と「être」「avoir」の活用をおさらいしてから、いよいよ「er動詞」について確認していきました。

être と avoir の二大基本動詞が「不規則変化」していたのに比べ、「er」動詞の大半が「規則変化」であるので、発音のポイントや語尾の変化のコツがつかめるとフレーズのバリエーションが増えていきます。

palrer, aimer, danser, collectionner, habiter …
Il parle(イル・パルル)、Je danse(ジュ・ドンス)、Vous collectionnez(ヴ・コレクスィョネ)、Elles habitent(エル・ザビットゥ)、Nous aimons(ヌ・ゼモン)
nous, vous, ils, elles のリエゾンに注意! 時に il,elle との単数複数の判断材料になります。

理解が早かったので、このまま「er動詞」の変則的活用について確認しました。
「不規則変化」というほどには激しく違わないけど、フランス語お得意の…「音(発音)をキレイにするため!」との理由でちょっと変化する「er動詞」です。

manger(食べる)… nous mangeons(ヌ・モンジョン)
commencer(始める)… nous commençons(ヌ・コモンソン)などなど。

「nous」の代わりに使える「on(不定代名詞)」を活用する会話を確認しました。

発音パターンに慣れるのと単語を少しずつ増やしていく目的にて、新しい発音・読み取りテキストを確認しました。
「01 papa~(母音)」「02 rat~(r・エーる)」「03 lapin~(l・エル)」を確認しました。単語の日本語訳を覚えるのを優先するのではなく、綴り字を音と照らし合わせながら目で見て、音を感じながら日本語訳の意味をイメージしながら結び付けていきます。

音源の「r・エーる」と「l・エル」との音の違いを「感じて」、意識をした「r(エーる)」の発音がホントとても良いデス!(^_-)-☆

シゴトの環境も様子を見ながら、フランス語もジブンのペースでよりよく進んでいけるようにがんばっていきましょう!

次回のレッスンを楽しみにしています。
本日はおつかれさまでした。
このレッスンノートを書いたコーチ

フランスのカフェでギャルソン経験!日韓W杯や世界陸上などのスタッフも

まりこば・どっとこむ・ふらんせーず
いしいたけし (フランス語)

新大阪・梅田/大阪・三ノ宮・元町・八尾・天王寺・京橋・難波・近鉄日本橋・天満橋・北浜...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta