語学の習い事フランス語教室レッスンノート 尋ねるというスタイルで会話練習をしました

尋ねるというスタイルで会話練習をしました

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!
フィードバックが遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。
今回の内容は以下の通りです。

1.第三者の職業を尋ねる表現
 - Qu'est-ce qu'il / elle fait dans la vie ?
 - Il / Elle fait quoi dans la vie ?
 - Quelle est sa profession ?
 上記はいずれも「彼(彼女)の職業は何ですか」です。

 答える時は、
 - Il est musicien.
 - Elle est écrivaine.

 さまざまな有名人の名前や写真を使って、表現の練習しました。

2.やりたい職業を言う表現
 - Qu'est-ce que vous voudriez faire dans la vie ?
 - Tu voudrais faire quoi dans la vie ?
  - Je voudrais être peintre.
  - Je ne sais pas.

 vouloir+不定詞…「〜したい」

上記のvouloir動詞は、条件法現在形で活用されています。これは、vouloir動詞を(直説法)現在形で活用させた時の意味が強すぎるため、丁寧な表現にするための措置です。
特に一人称単数のときは、 je voudrais を必ず使いましょう。現在形で je veux だと、まるで子どもが駄々をこねるかのようなニュアンスになってしまいます。

相手に、今働いているかどうかと、職業を尋ね、どんな職業をやってみたいかについて尋ねるというスタイルで会話練習をしました。

3.国籍を尋ねる表現
 【話している相手の国籍を尋ねる】
 - Quelle est votre / ta nationalité ?
  - Je suis japonais.
  - Je suis japonaise.

 【第三者の国籍を尋ねる】
 - Quelle est la nationalité de Jackie Chan ?
  - Il est chinois.
 - Quelle est sa nationalité ?
  - Il est allemand.
  - Elle est allemande.

 国籍は新たにいくつか登場してきました。男性形と女性形、セットで覚えましょう。また、フランス人の名前の例がいくつか登場しました。男性名は-oや-tで終わる場合が、女性名は-aや-ieで終わる場合がよくあります。

 聞き取り問題と、写真を使ったクイズで表現の練習をしました。

4.何語を話すかをいう表現。
 言語名は、国籍を示す形容詞の男性の形と同じです。話者の性数によらず、常に男性単数名詞として扱います。(下記の特に3文目に注意)
 ① - Vous parlez anglais ?
    - Non, je ne parle pas anglais. Je parle français.
 ② - Il parle quelle langue ?
    - Il parle japonais et anglais.
 ③ - Eri Sekine est japonaise et elle parle très bien anglais.

様々な国籍の人の写真を使って、上記の表現を練習しました。

5.発音の聞き分け問題
 職業名や国籍を表す単語の男性形/女性形の聞き分け問題でした。よくできていましたね。

6.会話文の聴解・読解
 今回の内容は、祭りの会場で芸能人を見た。というお話でした。名前や職業、国籍をたずねる表現がたくさん出てきましたね。内容は、よく理解されていましたし、問題もしっかり解けていました。

7.練習問題
 最後に、今回のレッスンで勉強した内容の練習問題を解きました。特に問題もなく、よくできていたと思います。bの問題のみ、宿題にさせていただきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学で指導も!パリでの幼少期、現地大学への留学経験からあなたをサポート

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta