サイタ語学の習い事フランス語教室 神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート  否定文の作り方を重点的にやりまし...

 否定文の作り方を重点的にやりまし...

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 否定文の作り方を重点的にやりました。動詞が母音で始まる時のエリジョンがなかなかすぐに口に出て来ないようなので、何度も繰り返して慣れるようにしてください。それから国名とその国の言語などもすらすら言えるように。全ては繰り返して練習することが大切です。頑張ってください!
このレッスンノートを書いたコーチ

講師歴20年以上。フランスの文学・歌曲にまつわるレッスンもおまかせ

新着レッスンノート

êtreを助動詞として過去分詞を主語に一致させます。この時動詞の過去分詞は、形容詞と同じ性質となります。また受動態を作るのは他動詞だけです。

会話では否定のneはほとんど抜けてしまう傾向があります。だからce n’est pas bienは、c’est pas bien となります。

一つの文章に人称代名詞は二つまでしか使えません。順番は、まず一人称、二人称のグループ、me, te, nous, vous, 次に三人称の直接目的語グループ、le, la, l es, それに三人称間接目的語、lui, leur, 最後に中性代名詞、y, en となります。

Plutôt que de 〜は、de以下のことをするよりは〜した方がいい、という意味なので、te livrer à tes plaisanteries infantilesするよりはessaie de faire mieux と命令しています。livrerの代名動詞の意味は、〜に没頭する、専...

くだけた表現では、否定のneはよく省かれます。主語、動詞も省かれることもあります。Il n’y a pas de〜が、y a pas deになったりします。

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta