サイタ語学の習い事フランス語教室 神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート  否定文の作り方を重点的にやりまし...

 否定文の作り方を重点的にやりまし...

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 否定文の作り方を重点的にやりました。動詞が母音で始まる時のエリジョンがなかなかすぐに口に出て来ないようなので、何度も繰り返して慣れるようにしてください。それから国名とその国の言語などもすらすら言えるように。全ては繰り返して練習することが大切です。頑張ってください!
このレッスンノートを書いたコーチ

講師歴20年以上。フランスの文学・歌曲にまつわるレッスンもおまかせ

新着レッスンノート

特にdontの場合は、動詞の後ろにdeがついてそれが先行詞となるもの、名詞の補語となるもの、形容詞の補語となるもの、と様々な補語になるので少し難しいです。でも文章をその通りに順を追って読んでいくと、割に簡単です。

Si on allait au cinéma? Si on n’allait pas à l’école、などはその後に条件法の文章をつけずに何か提案をする口語的表現です。〜するのはどう?〜しようか?などの意味で使われます。

comment, où, quiなどはくだけた疑問文で、文章の後ろにつけて使えます。Vous habitez où? Vous vous appelez comment? などのように。しかしque はそのようにくだけた言い方には使えません。その時はqueの強勢形、quoiを使います。

語幹を未来形にします。不定形を使わない動詞の語幹をしっかり覚えましょう。

faire+infinitif は〜させる、という使役の意味ですが、代名動詞+infinitif は、se faire opérer, 手術を受ける、se faire couper les cheveux、髪を切ってもらう、などの意味になります。le Petit ours qui me fai...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta