サイタ語学の習い事フランス語教室 神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート  今日は先ず先週の復習。そして10...

 今日は先ず先週の復習。そして10...

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 今日は先ず先週の復習。そして100までの数の数え方。er動詞も色々なものを使って活用を即座に言えるように練習しました。発音ではmの発音が少し気になったので、何度か繰り返して発音してもらいました。もっと自信を持って言葉を言った方が、絶対相手には伝わると思います。少々図々しいくらいでもよいと思いますよ!
このレッスンノートを書いたコーチ

講師歴20年以上。フランスの文学・歌曲にまつわるレッスンもおまかせ

新着レッスンノート

今やっているテキストは、会話を使った文法というタイトルなので、未来形の項目では未来形しか出て来ません。でも実際の会話では、全ての時制、法が自然に使われます。だから今まで習ったあらゆることは、常に自分の中に入っていなければなりません。そういうことをしっかり踏まえて勉強してください。

関係代名詞の後には必ず主語と述語が来ます。また目的語などの代名詞は、必ずどうしの前に来ます。

この代名動詞の意味は、〜の状態を保つ、être, se trouverなどと同じ意味で使われる場合が多いのですが、この物語の中では、自分体の一部を抱えるという意味で、額を抱える、額に手をおくといった意味になります。Elle se tient le ventre、彼女はお腹を抱えるという意味です...

er、ir動詞はそのまま不定形を使いますが、不規則動詞の場合は不定形をそのまま未来形の語幹にはしません。でもreで終わる不定形の動詞は、eを取ったものを語幹とにして未来形を作ります。attendre, répondre, entendre, prendre, comprendreなど。またre...

前置詞dans の後ろの名詞には不定冠詞の単数が来る場合が多いです。だから必ずリエゾンします。dans un, dans une, リエゾンする習慣を身につけましょう。

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta