サイタ語学の習い事フランス語教室 東京 フランス語レッスン レッスンノート 好きな物をニュアンスを付けて伝える会話

好きな物をニュアンスを付けて伝える会話

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

『〜が好き』というシンプルなフレーズから、好きの度合いを加えた会話を実践してみました。

J'aime le chocolat.
基本フレーズのポイントは、好きな物の名詞の前に、le / la / les の定冠詞を付けること。
これは不特定の個別のチョコレートを好き。と言っているのではなく、他の物と区別した際の『チョコレートという一つの概念』を表すためです。

好きの度合いは;
J'adore > J'aime beaucoup > J'aime bien > J'aime...
嫌いの度合いは:
Je déteste > Je n'aime pas du tout > Je n'aime pas beaucoup > Je n'aime pas ...
でしたね。

とても上手に使いこなせて自然な会話になっていました!
基本を呼び戻せば、わりとすぐにこういったニュアンスを付けた会話が楽しめるようになると思うので楽しみですね。
このレッスンノートを書いたコーチ

ブルターニュ大学にて講師経験あり!自然に聞こえるリズムのコツを伝授

新着レッスンノート

フランス語の過去形は、過去の一点の出来事を述べる複合過去形と、過去の一定期間を振り返って描写する半過去形があります。 レッスンでは、複合過去形の作り方を見てみました。 複合過去はその名の通り、助動詞と過去分詞を複合して作ります。 助動詞に使うのは、être または avoir の活用...

今日は、 依頼文の中で使える動詞、(apprendre, indiquer, expliquer, prêter, répéter, aider, など) 許可を求める文で使える動詞、(refaire, essayer, montrer, participer à..., être abs...

相反する二つの要素をつなぐときのコネクターと譲歩するときのコネクターを学習しました。 どれもよく使われる表現ですが、日本語にぴったり当てはめられない事もあるので、役割の概念から入り一つ一つ使い方をイメージしてみてください。 辞書を引いて使用例を確認するだけでも定着につながります。 ...

個人的な義務に関することはDevoir+動詞の原型 Je dois faire mes devoirs. Je dois faire les courses. 結果を導く接続詞: 話し言葉 Donc, Alors, c'est pour ça 書き言葉 Par consé...

否定形になると冠詞が消えたり、出たりちょっとやっかいですね。 ポイントは、話題に上がっている物が完全に「無い」時にdeを使うことです。 否定のdeは「無」を表す。と覚えましょう。 Elle n'a pas de chien, mais elle a un chat. 動詞がêtre...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta