サイタ語学の習い事フランス語教室 神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート 試験の準備

試験の準備

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

テキストを読むことはよい勉強になりますが、試験にむけての勉強も並行してすると効果的です。反対の意味の動詞(perdreとgagnerとか)を覚えたりするのもよい勉強になります。
このレッスンノートを書いたコーチ

講師歴20年以上。フランスの文学・歌曲にまつわるレッスンもおまかせ

新着レッスンノート

queを用いて実際に話したことを間接話法に帰るやり方、またその逆を、規則と共にきちんと身につけます。

直接、間接目的補語、中性代名詞は、一つの文章で二つまでしか使えません。その語順は、常に一人称、二人称の直接、間接目的補語が第一番、次が三人称の直接目的補語、それから間接目的補語、最後がy, enとなります。但し肯定命令形の場合は順序が変わります。

êtreを助動詞として過去分詞を主語に一致させます。この時動詞の過去分詞は、形容詞と同じ性質となります。また受動態を作るのは他動詞だけです。

会話では否定のneはほとんど抜けてしまう傾向があります。だからce n’est pas bienは、c’est pas bien となります。

一つの文章に人称代名詞は二つまでしか使えません。順番は、まず一人称、二人称のグループ、me, te, nous, vous, 次に三人称の直接目的語グループ、le, la, l es, それに三人称間接目的語、lui, leur, 最後に中性代名詞、y, en となります。

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta