サイタ語学の習い事フランス語教室 東京 話すフランス語 レッスンノート 受動態の作り方と使い方。  2011年の仏検の過去問のヒアリング。

受動態の作り方と使い方。  2011年の仏検の過去問のヒアリング。

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ヒアリングは余り問題ないようですね。

受動態はよく理解しているようです。 気をつけたいのは時制かもしれません。
長文が強いのも安心材料です。
明日ヒアリングの残りの部分を送りますね。
このレッスンノートを書いたコーチ

ブリュッセルに計10年滞在。間違いを恐れず、沢山話せる充実のレッスン

新着レッスンノート

前置詞、冠詞、疑問詞、ヒアリング。 文法は多分説明の部分をゆっくり読むと理解出来るのではと思います。 疑問があったら、また聞いてください。

慣れてくれば、勘が働くというか、なんかこれじゃないかという推測みたいなもので答えられるようになると思います。全部が全部これが確実に正しいと言って、答えられるようになるまで待つ必要はないと思います。

大したことはできませんでしたね。 友人へのメールはなるべく自分でまず、書いてみることだと思います。 解らない単語はまず辞書で調べた方がいいのではないでしょうか? 例えば片道で調べれば、aller simple とすぐ出てきますよ。 あなたは多分自分でもう文章を作る力があるのに、しないのは間違...

動詞の活用の発音を間違えないように気を付けてください。 後、リエゾンとかエリジオンとか続けて読む形にも気をつけてください。 緊張しないようにね。

全く説明していないところを暗記できているってすごいですね。いつもながら感心します。 文法のあまり細かいところは今でなくてもいいかなとついつい説明を先延ばししますが、気になったら、是非聞いてくださいね。 次回、過去問持っていきます。

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta