サイタ語学の習い事フランス語教室 大阪 まりこば・どっとこむ・ふらんせーず レッスンノート Bonjour, Béatrice. 【III】 avoir et être

Bonjour, Béatrice. 【III】 avoir et être

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ダイアログから…「Ah, c'est vous !」(ああ、あの時の…)

C'est moi.(ワタシです)C'est à moi.(ワタシのです)
C'est toi.(キミです)C'est à toi.(キミのです)
C'est vous.(あなたです)C'est à vous.(あなたのです)

「~ à ~」が入ると、所有や順番の意味合いとなります。
C'est à vous. 「あなたの(もの)です」「あなたの(番)です」

Ce n'est pas moi.(ワタシではない)Ce n'est pas à moi.(ワタシのではない)
Ce n'est pas toi.(キミではない)Ce n'est pas à toi.(キミのではない)

「C'est ~」は形容詞や名詞と合わせて、「これは…です。」「これは…ではありません。」と使う。
「bien」「cher」「facile」「difficile」などなど。
「fini」は、男女の別れ「C'est fini….」なんて使い方も。(笑)
「ouvert」「ferme」は、お店の「開店・閉店」も表せます。

C'est possible.(可能です)
C'est impossible.(不可能です)
Ce n'est pas possible.(可能ではない)
Ce n'est pas impossible.(不可能ではない)

C'est(セ)と Ce n'est pas(スネパ)の音の違いを聴き分けるのがポイントですが、会話の場合に否定の「ne」を抜く場合が多々あり…、
C'est(セ)と C'est pas(セパ)となり、「パ」の有無のみが判断材料となります。
ややこしいですネ~。でも、すぐ慣れますよ!
「pas(パ)」の音を聞くと「ネガティブイメージ」と感じるアンテナが養われていくんデス。(^^)v

「être」や「avoir」でも、会話で「ne」が抜けて聞こえたり、実際に抜いていたり、主語すらも言ったか言わないかくらいに聞こえたりします。があります。
また改めて確認しましょう。

会話では「ne」が抜けて聞こえたり、実際に抜いていたり、主語すらも言ったか言わないかくらいに聞こえたりします。
Je ne sais pas.(ワタシは知らない)【savoir…知っている】
(ジュ・ヌ・セパ → ジュ・セ・パ → シェパ)

そして「所有形容詞」を少しだけ確認しました。

「Alors, votre pied, ça va ?」

mon pied(ワタシの足)
ton pied(キミの足)
votre pied(アナタの足)

「Aïe ! Mon pied !」の mon pied です。

Tiens ! Ah ! Alors...などなど
シチュエーションに応じて「おや!」「あらっ」「ところで…」な具合で、そんなに深い意味は無いと思ってあまり堅苦しく考えずに、聴いたり自分の話す言葉の合間に使ってみましょう!

今回のレッスンの内容は、お渡ししているレッスンメモをご確認いただき、レッスンの様子を何となく思い出してみてください。

次回のレッスンを楽しみにしています。
本日はおつかれさまでした。
新着レッスンノート

ひきつづきフランス語の発音と書き綴りとの関連性と法則、音声の確認をしていきました。 恐る恐る答えている割には正しい発音を導き出せているので、発音のしくみのパターンが見えてきている様子がうかがえます。 次のステップは「音」でとらえているダイアログを、テキストから読み発音していきます。...

大きい2つの会話ダイアログを確認し終えた今、改めてフランス語の発音と書き綴りとの関連性と法則、音声の確認をしていきました。 確認していく発音の法則とダイアログの中の聞き覚えのある音とが結びついていくことを目的としています。 今は「クイズ」のような感覚で発音の仕組みを「知る」ことに努...

会話のスピードが速くなってきているので、なかなか聞き取りづらいかと思いますが、その中でも推測できる単語やフレーズでイメージを組み立ててみましょう。 当たってもハズレても、聞いて考えた分だけ確実に知識は増えていきます。 □ 「今~したところだ」(直前のことを話す) Elle vie...

昨年の夏から20回ほどのレッスンで、大きい2つの会話ダイアログを確認していきました。 27つに分かれているダイアログの各パートごとに対応しながら確認した文法や良く使うフレーズにて、基本会話のコツがつかめているなと見受けられます。 ここで、今後数回にかけてこの2つの会話ダイアログを「暗唱...

音声ダイアログを聴き重ねてきた成果が表れています。 会話の意味を推測する力が付いてきたと同時に、フランス語の「音」の特徴を感じながらフレーズを聴くことが出来ていますね。 □ ~すべき~がある avoir+名詞(不定代名詞)+à+不定詞 J'ai quelque chose ...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta