サイタ語学の習い事フランス語教室 大阪 まりこば・どっとこむ・ふらんせーず レッスンノート ダイアログから…「Ah, c'es...

ダイアログから…「Ah, c'es...

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ダイアログから…「Ah, c'est vous !」(ああ、あの時の…)

C'est moi.(ワタシです)C'est à moi.(ワタシのです)
C'est toi.(キミです)C'est à toi.(キミのです)
C'est vous.(あなたです)C'est à vous.(あなたのです)

「~ à ~」が入ると、所有や順番の意味合いとなります。
C'est à vous. 「あなたの(もの)です」「あなたの(番)です」

Ce n'est pas moi.(ワタシではない)Ce n'est pas à moi.(ワタシのではない)
Ce n'est pas toi.(キミではない)Ce n'est pas à toi.(キミのではない)

「C'est ~」は形容詞や名詞と合わせて、「これは…です。」「これは…ではありません。」と使う。
「bien」「cher」「facile」「difficile」などなど。
「fini」は、男女の別れ「C'est fini….」なんて使い方も。(笑)
「ouvert」「ferme」は、お店の「開店・閉店」も表せます。

C'est possible.(可能です)
C'est impossible.(不可能です)
Ce n'est pas possible.(可能ではない)
Ce n'est pas impossible.(不可能ではない)

C'est(セ)と Ce n'est pas(スネパ)の音の違いを聴き分けるのがポイントですが、会話の場合に否定の「ne」を抜く場合が多々あり…、
C'est(セ)と C'est pas(セパ)となり、「パ」の有無のみが判断材料となります。
ややこしいですネ~。でも、すぐ慣れますよ!
「pas(パ)」の音を聞くと「ネガティブイメージ」と感じるアンテナが養われていくんデス。(^^)v

「être」や「avoir」でも、会話で「ne」が抜けて聞こえたり、実際に抜いていたり、主語すらも言ったか言わないかくらいに聞こえたりします。があります。
また改めて確認しましょう。

会話では「ne」が抜けて聞こえたり、実際に抜いていたり、主語すらも言ったか言わないかくらいに聞こえたりします。
Je ne sais pas.(ワタシは知らない)【savoir…知っている】
(ジュ・ヌ・セパ → ジュ・セ・パ → シェパ)

そして「所有形容詞」を確認しました。

「Alors, votre pied, ça va ?」
mon pied(ワタシの足)ton pied(キミの足)votre pied(アナタの足)
「Aïe ! Mon pied !」の mon pied です。

Tiens ! Ah ! Alors...などなど
シチュエーションに応じて「おや!」「あらっ」「ところで…」な具合で、そんなに深い意味は無いと思ってあまり堅苦しく考えずに、聴いたり自分の話す言葉の合間に使ってみましょう!

曜日の語源は…

【日本語】【フランス語】【ラテン語】
【由来 神・惑星の名】
月曜日 lundi - lunae dies
- jour de la Lune(月)
火曜日 mardi - Martis dies
- jour de Mars(火星)
水曜日 mercredi - Mercurii dies
- jour de Mercure(水星)
木曜日 jeudi - Jovis dies
- jour de Jupiter(木星)
金曜日 vendredi - Veneris dies
- jour de Vénus(金星)
土曜日 samedi - Sambati dies
- jour de Saturne(土星) jour du sabbat(ユダヤ教の安息日)
日曜日 dimanche - dominica dies
- jour du Soleil(太陽) jour du Seigneur(神・主の日)

雑学的知識も多くなりましたが、単語を増やす際に「印象付ける術のひとつ」と思って、さらーっと聞き流してください。(^^)b

次回のレッスンを楽しみにしています。
本日はおつかれさまでした。
新着レッスンノート

2つ目のストーリーの会話ダイアログを「暗誦」しながら、復習を兼ねてポイントを確認していきました。 なかなか良くできていました! ・聴き逃さずに… faire(する)- fait(フェ・過去分詞) Qu'est-ce qu'il fait ?(キルフェ) Qu'est-ce qu...

今日のダイアログは少々複雑でしたね。 聞き慣れない単語や慣用句などは、今回初めて出会えたことが「イイ機会」だったと思ってください。 忘れたとしても、次、二回目に出会えたときに「あっ、そういえば…」と思えれば、その時に覚えられます。 □ 「なんて~なんだ!」 (感嘆の気持ちを表す) ...

ひきつづきフランス語の発音と書き綴りとの関連性と法則、音声の確認をしていきました。 ひととおり確認したあとに練習問題にてつづり字の発音を「音節」に注意しながら進めていきました。 そして、今までのレッスンで確認したダイアログを用いて「ディクテ(音の書き取り)」にチャレンジしました。 ...

ひきつづきフランス語の発音と書き綴りとの関連性と法則、音声の確認をしていきました。 恐る恐る答えている割には正しい発音を導き出せているので、発音のしくみのパターンが見えてきている様子がうかがえます。 次のステップは「音」でとらえているダイアログを、テキストから読み発音していきます。...

大きい2つの会話ダイアログを確認し終えた今、改めてフランス語の発音と書き綴りとの関連性と法則、音声の確認をしていきました。 確認していく発音の法則とダイアログの中の聞き覚えのある音とが結びついていくことを目的としています。 今は「クイズ」のような感覚で発音の仕組みを「知る」ことに努...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta