語学の習い事フランス語教室レッスンノート 名詞・形容詞の変化

名詞・形容詞の変化

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!
今回は、テキストを決めるために、二種類のテキストを使ってレッスンの比較をしました。

【テキスト①】自己紹介の表現を見ていきました。

1.表現
名前を尋ねる/答える
 Comment vous appelez-vous ?  あなたは何という名前ですか?
 - Je m'appelle Satoko ISHIKAWA.  私は石川智子といいます。
 (Je m'appelle + 名・姓)

国籍を尋ねる/答える
 Êtes-vous française ?  あなたはフランス人ですか?
 - Oui, je suis française./- Non, je suis japonaise.(Je suis + 国籍)
  はい、私はフランス人です。/いいえ、私は日本人です。

職業を尋ねる/答える
 Est-ce que vous êtes journaliste ?  あなたはジャーナリストですか?
 - Oui, je suis journaliste./- Non, je suis photographe.(Je suis + 職業名)
  はい、私はジャーナリストです。いいえ、私はカメラマンです。

2.主語人称代名詞とêtre動詞
英語と同様に、フランス語にも人称代名詞があります。動詞の活用をおぼえる時は、人称代名詞とセットにしておぼえてください。
まずは、英語のbe動詞にあたるêtre動詞の活用を暗記しましょう。(p. 6参照)

3.名詞・形容詞の変化
フランス語の名詞には性があります。なかでも国籍や職業名など、人を表す名詞は性・数によって形が変化します。同様の変化は形容詞でも起こります。形容詞の場合、修飾する名詞の性・数にあわせて変化させます。変化の仕方は名詞・形容詞とも共通のルールに従います。

〈変化の基本ルール〉
・基本形は、男性単数。 
 étudiant, journaliste, japonais

・女性単数のときは、基本形の語尾に e をつけます。
 ♂ étudiant → ♀ étudiante

 ★ただし、基本形にすでに e がついている場合は、付け加えません。
 ♂ journaliste → ♀ journaliste

・男性複数形の時は、基本形の語尾に s をつけます。
 ♂単 étudiant → ♂複 étudiants

 ★ただし、基本形にすでに s がついている場合は、付け加えません)
 ♂単 japonais → ♂複 japonais

・女性複数形の時は、女性単数形の語尾に s をつけます。
 ♀単 étudiante → ♀複 étudiantes


【テキスト②】あいさつ表現を見ていきました。

1.あいさつ表現
相手によって表現が異なるので、注意しましょう。また、元気かどうか聞かれたら、Et vous ? / Et toi ?「あなたは?/君は?」と同じように聞き返して、会話のキャッチボールをしていきましょう。

【一般的な表現】あまり面識のない人、目上の人など。
 - Bonjour, comment allez-vous ?   こんにちは、お元気ですか?
 - Je vais bien, merci. Et vous ?  元気です、ありがとう。あなたは?
 - Bien, merci.  元気です、ありがとう。

 - Au revoir, à bientôt !  さようなら、また今度。

【くだけた表現】親しい人
 - Salut, ça va ?   やあ、元気?
 - Ça va. Et toi ?  元気。君は?
 - Ça va.  元気。

 - Salut, à bientôt !  じゃあ、またね。

◆ くだけた表現では、Salut も ça va もそれぞれ2つの意味があります。
 Salutは、最初会った時の発言なら「やあ」、分かれる間際の発言なら「じゃあね」です。
 Ça va は、「 ? 」 がついていれば、文末を上げて読み、「元気?」と尋ねる文になります。「 . 」 で終わる場合は、文末は下げて読み、「元気。」という文になります。

以上のレッスンを体験していただいて、さらにお話を総合した結果、テキスト②を使用する方がいいだろうという結果となりました。次回以降、こちらのテキストで進めていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学で指導も!パリでの幼少期、現地大学への留学経験からあなたをサポート

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta