趣味の習い事筆ペン教室レッスンノート お手紙文 (ハガキ)

お手紙文 (ハガキ)

筆ペン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もおつかれさまでした!

◆今日やったこと
・お手紙文(ハガキ)

ハガキサイズでまず全体を書いていただきましたが、
空間バランス力を養うこともとても大切なことです。
常にレイアウト、まっすぐ書くこと、余白などのことを考えながら書きましょう(^^)

・何か一紙面上にお手紙文や作品風のものを書くときの上下(天地)の余白は十分に取って。また、天より地の余白が大きい方が自然。
・ます、ました、です、でした、など文末の字は少し大きめに書くと安定感と自信感が出る。「ます」の連綿は「す」の一画目までを一息に。結びがだいたい中心に来るように
・「大」「木」など、右払いと左払いがあるときは右払いをゆったりと、少し下げるようにする。またあらゆる右払いは止められる。その場合は流れと接筆の空きに注意。
・「心」「感」「愛」「優」などの「心」の2画目は長くしすぎず、は二つの点をゆったり離して。字の外に飛び出すくらいに。
・「た」「な」木偏、禾偏などの横画がクロスするポイントは、左側を長めに
・「お」「む」の点は思ったよりも遠くに。全体の字形を意識して。
・「う」「り」「し」は縦書き時のメリハリとして長くできる便利な字。スペースなどを考えて長め短めを選んで。

などに気をつけてみてください。

筆ペンに慣れることも大切ですので、まずは書く機会を増やしてみてくださいね(^^)
このレッスンノートを書いたコーチ

師範ありで安心の指導!こんな風に書きたいというイメージがあればOK

愉咲筆ペン教室
竹内恵美子 (筆ペン)

渋谷・新宿・池袋・有楽町・四ツ谷・飯田橋・市ケ谷・新宿三丁目

レッスンノート ページ先頭へ

筆ペン情報

サイタの筆ペン講師がブログを通して、筆ペン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!