サイタ音楽教室フルート教室 東京 フルート教室 レッスンノート バッハとライネッケ

バッハとライネッケ

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。
ご自宅での練習が難しいとのことでしたが、バッハのソナタの第一楽章とライネッケのどちらもよく吹けていましたし曲のイメージがとてもしっかりとしていて素晴らしかったです!

バッハは和声を感じながら、どの音が大切か、どんなアーティキュレーションが相応しいかを考えていくとバロックならではの様式の美しさがもっとでてくると思います。
ライネッケは自分はこう歌いたいんだ、という気持ちと、楽譜に書いてある指示をうまく擦り合わせて行くと、よりロマン派ならではの歌心や表現に近づいていけると思います。

音が出せなくても、吹きたい曲を聴いたり頭の中で歌いながらただ指を動かす(もちろん楽器を出さなくても大丈夫です)だけでも良い練習になるので、ぜひやってみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

音大卒業後、フリーの演奏者として活動中。どんな年代の音楽もお任せ!

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! 久々とのことでしたが、基本的な構え方、音の出し方などは覚えている感じでしたので、すぐ曲に入ることができました! 簡単な二重奏をやりながらでしたが、楽譜の読み方など「吹きながら慣れてきている」という感じでしたので、どんどんやっていくことで上達していけると思います。...

レッスンお疲れさまでした。 ご自宅での練習が難しいとのことでしたが、バッハのソナタの第一楽章とライネッケのどちらもよく吹けていましたし曲のイメージがとてもしっかりとしていて素晴らしかったです! バッハは和声を感じながら、どの音が大切か、どんなアーティキュレーションが相応しいかを考えてい...

レッスンノート ページ先頭へ

フルート情報

サイタのフルート講師がブログを通して、フルート情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フルートの先生

@FluteCyta