サイタ音楽教室フルート教室 兵庫 市田フルート教室 レッスンノート 「いつか王子様が」の冒頭部分

「いつか王子様が」の冒頭部分

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ロングトーンで気をつけること

・一番いい姿勢を保つこと
・同じ太さの息で吹き切ること
・音が途中で裏返ったり、楽器に息が入っていないと
感じたらもう一度その音からスタートする
・音程も気にしながら吹くこと
(気にしすぎて鳴らなくなることのないように)

気になった部分は以上のことです。
この4点を意識すると、さらにいい音が鳴るようになります♪♪


「いつか王子様が」の冒頭部分について

全体的にはとても綺麗に楽器響いていました^ ^
強弱のつける部分、息継ぎの部分に気をつけます。
全部しっかり吹こうとせず、抜くところは抜いて、クレシェンドになった時の為に力を残しておくと曲に色もでますし、吹いている本人も楽に吹くことができます♪♪
後は、3拍子の拍子を感じながら、1拍めを意識するとリズムも取りやすいかと思います。

指がしっかり回っていてとても良かったです^ ^
伴奏と合わせて吹きこなすことです。
このレッスンノートを書いたコーチ

県の選抜吹奏楽団にも参加!はじめの一歩を踏み出したい方も全力サポート

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

️今回のポイント ①フルート上達のたまにはいくつかのポイントがありますが、特に重要なのは唇の形と口の位置です。 唇の形と口の位置が間違っているとどんなに息を吹き込んでも安定した音を出すことができません。 最初はフルートを組み立てずに吹き込み口のある頭部管だけを持って位置を確認しなが...

アメイジンググレイスはジョンニュートンの作詞による賛美歌です。 *練習の際に気をつけること ①まずはゆっくりのテンポで一つ一つの音をしっかりと出すこと ②長い息、ロングトーンを意識すること ③次の音にいくときになるべくスムーズにふけるように息のコントロールを意識する まずは以...

フルートを吹く上で大切なことの基本 ①アンブシュア(フランス語: embouchure) 楽器を吹くときの口の形ことです。呼吸法と並んで、管楽器奏者が身につけるべき最も基本的かつ重要な技術であり、ピッチ、音色、音域の跳躍などをコントロールするためには、このアンブシュアをしっかりと、つく...

なぜロングトーンが必要なのか ①安定した音色をつくる ②音を長くのばせるようになるため ③自分の音を聞くことができる 大きく分けるとこのようなことに必要となります。 初心者のうちはどうしても楽器の位置が下がってしまい、音にムラができてしまいます。 そうすると、音程が下が...

指を早く動かすためには、不要な力を抜くことです。 正しくフルートを構えて、グラグラしないようしっかりと姿勢をキープするということも大切です。 例えば、キィを押さえつけるようにして楽器を持っていたり、左手の人差し指付け根の支点がぐらついているとどんなに頑張っても指がスムーズに回らず効率の...

レッスンノート ページ先頭へ

フルート情報

サイタのフルート講師がブログを通して、フルート情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フルートの先生

@FluteCyta