サイタ音楽教室フルート教室 北海道 フルート教室ドルチェ レッスンノート 呼吸とアンブシュアと音

呼吸とアンブシュアと音

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回も音を鳴らすことから始めました。
どうしても音が鳴らないと、口を変えたり角度を変えたりしがちですが
ほぼ自然な呼吸をすることで解決できます。
あれこれやってしまうと、どんどん音が出なくなってきますので
おかしいな?と思ったら呼吸を考えて音を出してみてい下さい。
高音域では呼吸に加え、口の内側をしめてあげるだけで楽に出るようになります。

音の立ち上がりが何よりも大切になって来るので
ひとつの音を短く最初から鳴る音(立ち上がりのいい音)を数回出してみましょう。
ここから息を長く吐けばロングトーン、楽譜通りに吹けば曲になっていきます。

曲は拍子、調号を一番最初に見ます。
今回の曲は6/8拍子なので8分音符で6拍で数えます。
3/4拍子も8分音符は6つありますが、3拍です。
この違いを理解して曲をさらって行ってください。

最初の時の音よりも鳴ってきていますので、頑張って下さい^^
このレッスンノートを書いたコーチ

教員免許を有し、全国大会でも入賞経験あり。年齢やジャンルは問いません!

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

本日の体験レッスンお疲れ様でした。 家で音を出してみたと仰ってましたね。 フルートを吹きたいという気持ちがとても伝わってきました。 頭部管(マウスピース)への口の当てかたは、穴を一度口で覆ってからその場所で起こしてあげます。 そのまま呼吸するのと同じく息を吸い「フ」の口で息を出...

本日の体験レッスン、お疲れさまでした。 しっかり音を出されていて、初心者の域を越えてらっしゃいますよ 綺麗な音を出したいとの事でしたので、少し息遣いとアンブシュアを変えさせていただきました。 息は呼吸と同じくすると楽で吹きやすくなります。 そこにタイミングよくタンギングをつけ...

昨日のレッスン、お疲れさまでした。 丁寧にさらっていらっしゃっているので、もう一歩良くなるように進めていきました。 息は惜しみ無く沢山使って音を鳴らすようにしてみてください。 1拍目は重みのかかる拍ですので、4拍目から1拍目にかけて持っていく これがずっと続きます 長い音符は細か...

昨日はレッスンお疲れさまでした。 来月の本番に向けて、曲のレッスンをしました。 アンサンブルですが、スラーが切れないように 四拍目から一拍目に持っていく 強弱記号を強調するくらいつける イ音は少し強調させる 最後の音は長めに これらをきっちりすると丁寧な演奏に聴こえます。 ...

昨日のレッスン、お疲れさまでした。 アンダンテ、星に願いを共に息を3割くらいに増やして息圧を高めるといいと思います。 とても綺麗に楽器が鳴っているので、勿体ないです。 少しの息の使い方で、もっともっと自分のやりたいことを表現できてくると思うので、怖がらずに出して下さいね。 スラ...

レッスンノート ページ先頭へ

フルート情報

サイタのフルート講師がブログを通して、フルート情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フルートの先生

@FluteCyta