サイタ音楽教室フルート教室 埼玉 みあフルート教室 レッスンノート 今年最初のレッスン

今年最初のレッスン

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

変ロ長調の音階は、特に後半の下降するときに、低いほうの音にあった息で吹けるとよいですね。また、歌口をやや開け気味にするとたくさんの息が入れやすいです。

ブーレはレがシャープのところとナチュラルなところが難しかったですね。フレーズの最後に息が苦しくならないように可能なところでブレスをとっていきましょう。

アヴィニョンの橋の上では、スタッカートの吹き方をやりました。短くしようとしすぎると勢いがついきすぎてしまうので、半分くらいの長さで吹こうと意識しましょう。

アンダンテでは二つの音にスラーがついている場合の吹き方をやりました。後ろを短めにすると、より表情があるように演奏できます。

エチュードは長いのに頑張りましたね。アーティキュレーションが難しいですが、正確に吹けるように頑張りましょう。八分音符のスタッカートが並んでいる部分では、2つ目から3つ目の音、4つ目から次の小節の最初の音へのつながりを考えると、早くなってしまうこともなく、表情が出てきます。それぞれをスラーにして練習してみるとよいですね。
このレッスンノートを書いたコーチ

入賞経験多数!看護師の顔を持つコーチが、初心者~上級者まで丁寧に指導

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

エチュード:オクターブのエチュードをやりました。1オクターブ上下した時に指が変わる高音域、特にミのフラットがからむと難しいですね。その部分が来たことを意識しながら吹けるといいと思います。 子守歌:難しいところを通す前にチェックすることで、しっかり通せました。楽譜に書いていない程度の強弱も...

ロマンチックエチュード:オクターブのエチュードをやりました。下から上へのオクターブの跳躍は、曖昧になりやすいので、きっちり息で吹き分けましょう。楽器を離した状態でそれぞれの息を出してみて、それから口元へ楽器を持っていって音を出す練習をするとわかりやすいです。 子守唄:楽譜に書いていない程...

久しぶりのレッスン、お疲れ様でした♪ ゴーベールのこの曲、とてもステキですよね。 基本的にはしっかり吹けているので、難しい部分の練習方法をいくつかやってみました。 ・ダブルタンギング:頭で把握できる速さで、ゆっくりと練習してみましょう。シングルでもできる速さでやると、うっかりシングル...

ロマンティックエチュード:8番をやってみました。まとまって楽譜を読むことができるので、すぐに吹けましたね。 こもりうた:ピアノとやってみました。一人でやるとよくわからない雰囲気の曲ですが、ピアノとやることでわかるようになりますよね。次回は楽譜に書いていない程度の強弱などを一緒に考えてみま...

久しぶりだったので、まず音出しを兼ねていくつか簡単なデュエットをやりました。 初見でありながらちゃんとフレーズを感じた位置でブレスをとることができて、とても良かったです。 ゴーベールの子守唄を、最後まで吹いてみました。 1人で吹くと、合っているかわかりづらい曲ですよね。 一通り吹い...

レッスンノート ページ先頭へ

フルート情報

サイタのフルート講師がブログを通して、フルート情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フルートの先生

@FluteCyta