サイタ音楽教室フルート教室 北海道 フルート教室ドルチェ レッスンノート 音を鳴らす事の大切さ

音を鳴らす事の大切さ

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今日のレッスンはソノリテやスケールなどを使って音をしっかり鳴らす事を重点に進めていきました。
まず、ひとつの音を綺麗にならせるようにします。
これが一番大切です。
それから隣の音に移動させるのですが、音の変わり目で音の鳴りが変わらないよう
息の使い方も緩くならないよう気をつけます。
そうやって最低音までたどり着かせます。
根気も精神力も体力も使う練習ですが、やったもの勝ちです(笑)
しっかり鳴らせるようになると曲を吹く際に楽に自分の思ったように音が出せるようになります。

スケールでも上の音に移動するときに、唇で音を出すのではなく息で音を出すイメージで。
口に頼ると音が悪く鳴らなくなります。
音を出す=息を出すだと思ってください。

最後にヴィヴラートの件ですが、よく書かれていることは全て捨てて構いません。
新たにpp~ffのロングトーンをすることによって自然と付いてきます。
この時に大切なのはヴィヴラートを意識的に付けない事です。
あくまでも自然にかかるのを待つ。
このスタイルの方が今後自然にコントロールできるようになるでしょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

教員免許を有し、全国大会でも入賞経験あり。年齢やジャンルは問いません!

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 レッスンノート遅くなり申し訳ありません。 ユーモレスクの頭は短い音と休符で成り立っているので、音の立ち上がりをしっかり明確にしてあげましょう。 少しゆっくりから始めてリズムに乗り、そのあと収まっていくようなイメージで進めていくといいですよ。 中盤はとにかく良い...

昨日はレッスンお疲れ様でした。 前回と引き続き1曲を3つの音域で演奏してみました。 確実に音が出てきて、なってきているので 最初に比べたらかなり楽に演奏ができていると思います。 この調子で音域を広げて色んな曲にチャレンジしていくと楽しいと思います。 ひとつだけ、音の出だしに破裂させる...

今日のレッスンお疲れ様でした。 初めてのレッスンでちょっと緊張していたかもしれませんが、最後には元気な笑顔を見ることが出来て良かったです。 5歳ということで、u字のマウスピースに変えないと厳しいかなとは思いますが、 マウスピースでの音が出始めているので、練習というよりは遊びの一部とし...

こんにちは。 先日はレッスン、お疲れ様でした。 ノートの記入が遅れてすみません。 少しずつ楽に音が出てきていると思います。 そこで、難しい低音域の幅を広げていきたいなと思います。 いきなり幅を広げていくのではなく、ドの音からひとつ下まで下がります。 その時に気を付けたいのは響き...

昨日のレッスン、お疲れ様でした。 暑い中、大変でしたよね^^; だんだん音が確実に出始めてきました。 これから沢山の曲を吹けるようになって行きますので 楽しみにしていてくださいね。 中音域の上の音はアンブシュアが大切になってきます。 唇の内側を人に見せるような感覚で出してあ...

レッスンノート ページ先頭へ