音楽教室フルート教室レッスンノート 音を鳴らす事の大切さ

音を鳴らす事の大切さ

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今日のレッスンはソノリテやスケールなどを使って音をしっかり鳴らす事を重点に進めていきました。
まず、ひとつの音を綺麗にならせるようにします。
これが一番大切です。
それから隣の音に移動させるのですが、音の変わり目で音の鳴りが変わらないよう
息の使い方も緩くならないよう気をつけます。
そうやって最低音までたどり着かせます。
根気も精神力も体力も使う練習ですが、やったもの勝ちです(笑)
しっかり鳴らせるようになると曲を吹く際に楽に自分の思ったように音が出せるようになります。

スケールでも上の音に移動するときに、唇で音を出すのではなく息で音を出すイメージで。
口に頼ると音が悪く鳴らなくなります。
音を出す=息を出すだと思ってください。

最後にヴィヴラートの件ですが、よく書かれていることは全て捨てて構いません。
新たにpp~ffのロングトーンをすることによって自然と付いてきます。
この時に大切なのはヴィヴラートを意識的に付けない事です。
あくまでも自然にかかるのを待つ。
このスタイルの方が今後自然にコントロールできるようになるでしょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

教員免許を有し、全国大会でも入賞経験あり。年齢やジャンルは問いません!

フルート教室ドルチェ
松岡佳織 (フルート)

札幌・バスセンター前・すすきの・平岸・南平岸

レッスンノート ページ先頭へ

フルート情報

サイタのフルート講師がブログを通して、フルート情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フルートの先生

@FluteCyta