音楽教室フルート教室レッスンノート 基礎的な奏法の確認

基礎的な奏法の確認

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

■楽器の構え方
右手の親指は、人差し指の真下から楽器を支えます。
左手は、人差し指の付け根に楽器が乗るような感じでバランスをとります。
やや楽器の右端が上がりやすく、左肘が下がりやすいようですので、真っ直ぐ前を見た時に左肘と楽器の右端が視界に入る程度の位置で構えるようにしましょう。また、リッププレートを唇に押し付けすぎないように気をつけましょう。

■呼吸法
息を吸い込もうとするあまり、胸や肩に余分な力が入ってしまっているようです。
ロングトーンの練習の時に、最初のブレスを鼻から吸ってみるようにすると、自然な呼吸法を体験できます。

■高い音を出す練習
倍音を使った練習で説明したように、音域に適したスピードで息をコントロールする練習をすると良いでしょう。
オクターブの音をスラーで上がる練習も効果的ですので、息の量ではなく口元でスピードをコントロールするように気をつけて練習してみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

ファッションショーやCMなどで大活躍の若手実力派!効率的な練習法を伝授

フルート教室 Beauty plus
鈴木菜穂子 (フルート)

東京・新橋・品川・五反田・目黒・渋谷・有楽町・錦糸町・大井町・池尻大橋・三軒茶屋・駒...

レッスンノート ページ先頭へ

フルート情報

サイタのフルート講師がブログを通して、フルート情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フルートの先生

@FluteCyta