サイタものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室 東京 Myニットカフェ レッスンノート 体験レッスン(小さく繊細なモチーフ)

体験レッスン(小さく繊細なモチーフ)

編み物教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした^^

独学でかぎ針編みのモチーフを編まれているという事でしたが、改めて編み物経験の詳細とレッスンを受けた際の目標などをヒアリングさせていただきました。
また、かぎ針で編めるものとしていくつか本をご紹介しました。
レース糸や刺繍糸で編むアクセサリーは繊細で売り物のように完成度が高く、それが自分の手から生まれると思うと達成感も愛着も3割増くらいします!いや、5割かも!笑
お持ちいただいた本から、レース針で編む繊細なモチーフのアクセサリーをゴールと設定しまして、それを編むためのレッスンを提案し、体験いただきました。

今回のレッスンで行ったのは以下の通りです。

1.編み図の見方
独学で始めた場合に誰もが通る大きな大きな壁です。
編み図は無限のパターンがあるため、1つ1つ経験して少しずつ理解していくというイメージでいてください^^
なので、1度のレッスンで習得できなくても全く気にしなくて大丈夫です♪
今回は、スタート位置を見極めるために必要な「往復編み」と「輪編み」の違いについて説明しました。
往復編みの場合、鎖編みで「作り目」を編むため、編み図の下に鎖編みの記号が並んでいることがほとんどです。
作り目は、作品の幅を決める土台となります。
一方輪編みは、モチーフを例にすると中心から編み始めるため、作り目となる鎖編みが輪の状態で中心に配置されています。
四角いモチーフだったら、編み図の下側に鎖編みが並んでいるかどうかで、スタート位置を知ることができます。

2.毛糸玉の糸端の取り出し方
コットン糸は中に厚紙が入っていることが多いのですが、その場合は厚紙を引き抜いてから毛糸玉の中の糸端を取り出します。
外側の糸端から編んでも出来上がりは同じですが、毛糸玉がコロコロ転がるため、中にある糸端を使う方が編みやすいです^^

3.長編み
ゴールにしたアクセサリーが長編みをベースにしていたため、長編みの練習をしました。
作り目が終わったら立ち上がりに3目鎖編みを編みます(本はミスプリントでしたが、長編みの場合は3目が正解です)
1つ目の長編みは、立ち上がり3目+1目(=台の目)を飛ばして5目めに編みます。
一度糸をかけ(下からすくい上げるように)、鎖編みの裏山に針を入れ、糸をかけて裏山だけ引き抜き、また糸をかけ今度はかぎ針にかかっている2本を引き抜き、また糸をかけて2本を引き抜いて長編みの完成です。
作り目の鎖編みは裏山を拾いましたが、2段目以降は下の段の長編みの頭(2本)をまとめてすくいます。
次の段にいくときは、毎回立ち上がりの鎖編みを編みます。
長編みはこの立ち上がりも1目と数えるため、最後の長編みは鎖編みの3目めの2本を拾うことになります。

4.編み終わり
最後は糸を7〜8cmくらい残してハサミで切り、鎖編みを1目編むように針を動かして糸を引き抜きます。
これで糸を引っ張っても解けません。

5.糸始末
編み始めと終わりに糸端が出ているので、作品によってその糸を目立たないように隠します。
これを糸始末と言っています。
糸始末の方法に絶対はなく、糸の素材や作品によって最適な方法を見つけ出します。
今回はベーシックなやり方をレッスンしました。
とじ針を使って裏側に糸をくぐらせました。
ポイントは、
・表側に出ないこと
・解けないこと
このポイントを元に、自由にやっていいのですが、始めたばかりの時はこの自由が難しいですよね^^;
一ヶ所は私の方でデモンストレーションしました。
これは数ある引き出しの1つと思って参考にしてみてください^^

今回行ったのは以上です。

編み物を本格的に習うのは初めてのようでしたが、独学で手が慣れていたためボリュームたっぷりのレッスンになりました^^
ゴールとしたアクセサリーは細い糸を使っていましたが、まずは太い糸で編み方を習得してからの方が遠回りに見えて完成への近道になります。
しばらくは太い糸を使って練習してみましょう^^
このレッスンノートを書いたコーチ

手編み師範の資格所有!編み図の解読~自分流のアレンジまで丁寧に対応

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! すでに自力で後ろ身頃を編み始めていましたね^^ ゲージもご自分で取られてて素晴らしい! 指定糸がモヘヤのようなフワフワな糸だったので、扱いが大変かもしれませんが、完成したらすごくあたたかいセーターになりそうです♪ 冬まで時間はたっぷりありますので、ゆっく...

オンラインレッスンお疲れ様でした! 今回は縁編みのレッスンをしました! 本番を編むのはまだ少し先になると思いますが、縁を編むと一気に完成度が上がってウキウキするはずですので、それを励みに頑張ってください^^ 縁編みまで来たら、このレッスンノートを参考にしていただけたら嬉しいです♪ ...

レッスンお疲れ様でした! 今回は以下を行いました! 1.ゲージをとる ゲージとして編んだ編み地の10cm角の中に、編み目が何目何段あるかを確認します。 今回はゲージを省略する事にしましたが、途中まで編んだ編み地で試しに数えていただきました。 2.編み方向 表(編み図)の...

レッスンお疲れさまでした! ベストの前後身頃が編めて、今回から仕上げに入っていきます^^ 仕上げと聞くと「あと一息」のように感じてしまいますが、この仕上げが意外と時間がかかります(汗) 複雑な作業も増えてきますので、1つ1つ丁寧にクリアしていきましょう^^ 今回は以下をレッスン...

レッスンお疲れさまでした! 今回からセーターに入りました! お選びいただいたデザインは、初めてセーターを編むのにちょうど良い難易度のセーターだと感じました^^ でも編み物本自体は経験者向けのさっぱりとした説明なので、編みながらしっかりフォローしますね! 今回レッスンしたのは以下...

レッスンノート ページ先頭へ

編み物情報

サイタの編み物講師がブログを通して、編み物情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!