サイタものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室 北海道 そのこの編み物教室 レッスンノート 編み図を理解する

編み図を理解する

編み物教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

長編みで丸く編む方法で、アクリルたわしを編みました。

丸く編む作り目の輪の引き締め方は、出ている糸(端のいと)を引くと、見えている2本のうちの1本が動きます。動いた方の糸を引いてから、端の糸をもう一度引くと、糸がたわまず穴が引き締まります。


段の終わりの引き抜き編みは、立ち上がりの三目めのハの字の2本に針を入れるようにすると、わかりやすかったですね。


編み図の見方がわかるようになると、二段目、三段目の最初の長編みをどこに編み入れるかがわかりましたね。


一時間で、編み図通りのアクリルたわしが完成しました!
素晴らしいです。

針の動かし方も、手首をひねる癖がなくなり、針を横にスッと抜く動作がスムーズになり綺麗です。
このレッスンノートを書いたコーチ

歴30年、文部科学大臣賞を受賞!失敗しやすいポイントを押さえよう

新着レッスンノート

長編みで丸く編む方法で、アクリルたわしを編みました。 丸く編む作り目の輪の引き締め方は、出ている糸(端のいと)を引くと、見えている2本のうちの1本が動きます。動いた方の糸を引いてから、端の糸をもう一度引くと、糸がたわまず穴が引き締まります。 段の終わりの引き抜き編みは、立ち上が...

体験レッスンお疲れ様でした。 指に糸を巻いて輪にする作り目で、長編みで丸く編みました。 ・かぎ針の先が下を向く事 ・針を真っ直ぐ右に引くこと この2つを意識したら、ふんわりとした編み目になりましたね。 慣れるまで、かぎ針を持つ手首に意識して編んでいきましょう。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

編み物情報

サイタの編み物講師がブログを通して、編み物情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!