サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel 東京 ゆっくりエクセル使い方講座 レッスンノート 【日報Word分析への挑戦】【複数のEXCELファイルの統合】【ピボットテーブル入門】

【日報Word分析への挑戦】【複数のEXCELファイルの統合】【ピボットテーブル入門】

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

【日報Word分析への挑戦】
日々作成される日報を分析し易くするには
・Googleフォームの活用
 →メンバー(日報記入者)が前日分をコピーして作成する場合があるので、Googleフォームで運用はメンバー負荷があがりそう
・EXCELのパワークエリー(PowerQuery)を活用
 →端末制限によってアドインが使えない場合あり
 →データをどれだけ正規化(Excelで分析し易く)してくれるか要検討

【複数のExcelファイルの統合】
・前述のパワクエリーを活用〜以下略
・統合機能を活用
 →統合先のシートを選択→「データ」タブを選択→「統合」アイコンを選択→統合元データを参照(外部ファイルも参照可能)→統合オプションを指定(最左端を基準、最上端を基準、etc)
・表をテーブ化して結合
 aテーブル化した表をピボットテーブル集計時に結合
 bテーブル化したExcelの関数を利用して結合

【ピボットテーブル入門】
1分析したい範囲を選択
2「挿入」タブを選択
3「ピボットテーブル」アイコンを選択
4色々なオプション値を指定(基本的にはそのままでOK)
5ピボットテーブルのフィールド指定(フィールドリストが右に表示)をする
6フィールドは基本的には行と列と集計値(合計、カウント、平均、etc)を指定する
7「ピボットテーブルツール」タブを選択→ピボットグラフを選択
このレッスンノートを書いたコーチ

IT業界を隅々まで知る講師。ゼロから丁寧に指導!初心者におすすめの先生

目的・種類別にExcel(エクセル)使い方講座・スクールを探す

新着レッスンノート

・複数ブックのデータをリンクする。PowerQuery方法を説明しました。 ・入力範囲を制限する。シート保護の方法を説明しました。

MOS試験対策の為の無料ダウンロードページを紹介 試験勉強の計画の説明

VLOOKUP 第3引数の範囲をOFFSETもしくは名前定義に置き換える事で参照する範囲を動的に変えれる様にする。その際、IF関数を組み合わせて使用する。 ・OFFSET(基点、移動する行数、移動する列数、[返す行の高さ]、[返す範囲の列の幅]) 指定したセルの範囲を返す。指定の仕方...

【レッスンスタイルの提案】  チュートリアルを用いた体系型レッスンの提案  本日は以下のレッスンを行いました。  ・様々な貼り付け方法。転置  ・自動フィル  ・VLookUp関数 【Excel習熟計画の提案】  現場で今後どんなExcelスキルが必要か知る為に。  1先輩&上...

レッスンスタイルの決定  ・チュートリアルを利用した体系的な学習 Excel習熟度の確認。  以下の機能の実習を行いました。  Excel特有の言葉に慣れる事で自己解決出来る段階です。着実に出来る事を広げて行きましょう  ・オートフィル  ・フラッシュフィル  ・ドロップダ...

レッスンノート ページ先頭へ