パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excelレッスンノート wordの文章の作り方

wordの文章の作り方

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日の体験レッスンははじめてのWordでの書類の作り方についてレッスンさせていただきました。


Word画面上部の
『ホーム』『挿入』『ページレイアウト』…と並んでいるのが『タブ』といいます。
主に使用するメニューは、『ホーム』タブにあります。

文字の書式(文字の種類、文字のサイズ、文字の色、太字、斜体、下線)等は『フォント』グループにまとめられています。
文章段落全体の設定は『段落』グループにまとめられています。

文章の一部を選択しながら、上部のボタンを押すのが操作の基本です。
ボタンの右側に▼が付いている場合はその他のメニューが表示されます。


■書式の変更をする
文字に装飾を行う事を『書式の変更』といいます。

『フォント』グループ
B____太字
I____斜体
U____下線
A に下線____文字の色

『段落』グループ
左揃え______文章の段落を左側に揃えます
中央揃え____文章の段落を中央に揃えます
右揃え______文章の段落を右側に揃えます
箇条書き____●--- のボタン________文章の冒頭に記号を入れます。
段落番号____1,2,3,--- のボタン____文章の冒頭に1,2,3...等の連続の番号等を入れます。


■タブスペース
キーボード左上の『Tab』キーを押すと一定の空間を開けるスペースを入れる事が出来ます。
タブスペースを使うと文章の途中で文字を開始する位置を一定に揃える事が出来ます。


■図形を挿入する

線や四角、矢印等の図形を入れるには以下の作業を行います。
『挿入』タブ → 『図』グループ → 『図形(○□◇ボタン)』 → (任意の図形を選択)です。
図形を選択すると、カーソルが十字型になりますので、おおよその場所にドラックすると図形を挿入できます。

 ◆図形の移動
 図形の中でドラックすれば図形の移動ができます。

 ◆図形の大きさを変更する
 図形の縁の部分にある白丸の上にカーソルを合わせて
 斜め方向の矢印が出た際にドラックをすることで図形の大きさを変更できます。

 図形を選択している際にはタブメニューに『書式』が表示されます。
 メニュー中央あたりの、『図形の塗りつぶし』『図形の枠線』等を利用し
 書式を変更します。枠線や、塗りつぶしは色を変える他、『無し』を
 選択することで透明にできます。また、枠線の太さ等を変えることができます。


◆図形に文字を挿入する
 図形を選択した状態で、キーボードを入力すれば文字が入力されます。

 ただし、古いファイル形式のファイルを開いた際はメニューや操作方法が
 多少異なるので注意してください。
 (右クリック等で出来なかった操作メニューが表示されることがあります。)


■画像を挿入する
『挿入』タブ → 『図』グループ → 『画像』をクリック
パソコン内のファイルの場所を探す『エクスプローラー』が起動しますので、画像のある場所に移動し、画像を選択します。

画像を挿入した直後は文字の中に画像が入ってしまう為、画像右上のボタンをクリックし、『四角』や『前面』を選択すると自由な場所に画像を配置できます。
このレッスンノートを書いたコーチ

IT業界勤務!20代プログラマ~70代初心者まで指導!明快な説明が魅力

明快Excel(エクセル)講座
中村和孝 (Excel)

吉祥寺・三鷹・荻窪・西荻窪・武蔵境

レッスンノート ページ先頭へ