パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excelレッスンノート 業務管理シート

業務管理シート

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

Macintosh版MS Office2011を持参されてのレッスンでした。
Macでのレッスンは何度か行ってきましたが、やはり基本操作の違いがあってその都度戸惑います。私自身は10年程前まではMacユーザーでもあり、Mac版のExcelにもなじんでいましたが、少し時間が空きすぎてきましたね。

Mac版MS Office2011には「オブジェクト選択カーソル」がないという大きな欠陥があるようですね。オブジェクト選択カーソルというのは、図形やテキストボックスなどを選択状態にしたり、複数選択するのに容易なオブジェクト専用のカーソルです。
ネットの情報では、マイクロソフトから正式に廃止された旨の発表があったとか、ツールバーメニューのユーザー設定で使えるようになるなど、情報が錯綜しています。

1ヵ月ほど前に受講されたMacユーザーの方のときも、このカーソルを探したのですが、そのときにはツールバーメニューの中から(だったと思いますが)見つけることができました。
しかし、今回は見つからずじまいでしたね。考えられることとしては、ソフトウェアのアップデートが必要とされている、あるいはインストール時に「完全インストール」の選択が必要だったなどですが、詳しいことは申し訳ありませんがわかりません。

しかしとりあえず、そのカーソルがなくても、カーソルをオブジェクトの端にうまく接するようにしてオブジェクトを選択し、右クリックで「順序」などの前面、背面入れ替え操作を行うことができました。また複数選択もどうにか可能であることもわかりました。
以上の操作ができるようになり、課題とされていたテキストボックスの前面表示や、影付きテキストの作成ができるようになりましたね。とりあえずは解決とみなしてよいかと思いますが、オブジェクト選択ツールについては今後のために調べてみられた方がよいと思います。

運用中の業務集計シートを見せていただき改善案などを提案させていただきました。
SUMIF関数での選択集計、Vlookup関数での源泉徴収表からの引用などはすぐに使えそうでしたので、サンプルを見ていただき、その場で実現できる部分を修正させていただきました。今後レッスンを続けられて、より安全で間違いが起こりにくい業務集計シートを作成されるようご提案します。
このレッスンノートを書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

ExcelPro大親切スクール
星加弘文 (Excel)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

レッスンノート ページ先頭へ