サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel 東京 ExcelPro大親切スクール レッスンノート データ処理方法の選択

データ処理方法の選択

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

Excelでのデータ処理方法についていくつか質問をいただきました。
一つめは元表から条件抽出したデータをタックシールに印刷するための方法でしたが、これはフィルタ詳細設定による抽出とWordの差し込み印刷の組み合せで行うのがよいと思います。
二つめは一つの表のデータを複数のオペレータによって入力する場合の方法ですが、こちらは表の共有設定機能を使うのが適切と思います。
いずれもExcelマクロ(VBA)を使っての処理を考えておられたようでしたが、おそらくそうしなくても処理できる案件ですね。

VBAを使うことでもこれら二つの処理はできますが、作成の手間や他の人への引き継ぎといったことを考えると、Excelの基本機能で実現できるものはVBAを使わずに済ませる方が扱いやすいシステムになります。
特に、二つめの案件の場合は、LAN接続と共有機能の使い方を知っていれば、VBAでその都度、複数の表を統合させるよりも効率がよいのではないでしょうか。また一つめの案件では、Excelにタックシールのフォームが作成されていましたが、Excelに差し込み印刷の機能はありませんので(少なくとも2007までは)、Excelであれこれ工夫しようとするよりは、ここはWordを援用すべき場面と思います。

一つの案件を処理するために、現在のデータの状況、これまでの運用方法や慣習、今後の拡張やシステムの可搬性などを総合的に勘案して、処理方法を判断・決定することを「システムインテグレーション」などと言いますが、このことは案件の大小に関わらず実はすべてのデータ処理で行われているものです。
このときに必要なことの一つは、そのデータ処理のために使えそうな方法をよく知っていることです。そのためには、まず使用可能なアプリケーションの基本機能を網羅的に理解していることが求められます。それらを熟知することによってどのような場合にVBAを使うべきかという判断も自然にできるようになります。つまりアプリケーションの基本機能だけでは実現できないと判断できる場合にVBAの使用を考えることになるわけですが、そのためにはExcelの基本機能では何ができて何ができないのかということがわかっている必要がありますね。
これから、Excel、Accessをお仕事に役立てていきたいとのことですので、これらの機能全般についていっしょに学んでいきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

新着レッスンノート

前回で関数のレッスンを終えて、今回から集計の基本操作のレッスンに入りました。 はじめにセルの表示形式のユーザー定義書式を学びました。 「表示形式」はセルのデータ内容を変えずに見かけを変えるためのもので、計算のための機能というよりは、画面や印刷でのデータを見やすくするためのものといえます。 ...

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。お仕事でのExcel使用に不安があるとのことです。状況をおうかがいして、Excel操作の基本中の基本といえるセル参照について学んでいただきました。 計算式を縦横にコピーするための複合参照の設定は、次のように順序立てて考えていきます。 ...

文字列関数を使って氏名から名字と名前を取り出す式を作成しました。 「空白を目印にして文字列を左右に分ける関数」というのがあればよいのですが、Excelに用意されている関数はどれも単機能で、単独で気の利いたことを行えるものはむしろ少ないといえます。そのため関数を使って実用的な操作を実現するため...

関数の学びの5回目となりました。今回はIF-OR-IF-VLOOKUPが連なった関数式の復習から始めました。長い関数式を読む場合は、先頭に出てくる関数の構成を把握することが最初に行う作業になります。 ここで「関数の構成」というのは端的にいえば引数の数のことです。その関数が何個の引数を持つ...

前回レッスンの終わりに、Vlookup関数の第3引数をセル番地で指定して、この関数式を横にコピーできるものにしましたが、今回は、この第3引数を数式化することで、「源泉徴収表」の扶養人数に対応する列を自動的に取り出す例を見ていただきました。 関数の引数は(いくつかの例外はありますが)、本来...

レッスンノート ページ先頭へ