サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel 東京 ExcelPro大親切スクール レッスンノート IF関数の「読み方」

IF関数の「読み方」

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。MOS検定上級試験の受験準備として当レッスンを受講されました。
MOS検定の出題範囲は広いですので全部を独学するには相当の労力を必要としますね。お仕事を終えた後での勉強となることが多いことでしょうから、集中を保って理解力を働かせることもたいへんです。私のレッスンは検定向けというよりは実務向けなのですが、なんとかお力になれればと思います。

MOS受験対策本の中でいくつか行き詰まってしまわれた箇所があるということでしたので、今回は、その中からIF関数の読み方について練習していただきました。
IF関数は条件によって処理を分岐させるためのものですから、第2、第3引数のいずれかには、実際にそこで達成すべき本来の目的となる処理を実行するための式が書かれるのが通常で、このためIF関数から始まる関数式はどうしても長くなるのですね。

関数式を読むときには、まず関数記号の働きを理解した上で(これは大雑把な感じでもよいです)、次に引数の数を調べます。これは本などで調べて、その関数がいくつの引数をもつものかを必ず特定してください。
IF関数の場合は引数は3個ですので、式の全体を見渡して3つの引数に見当をつけ、それぞれがの働きを理解するという流れになります。

しかし式が長くカッコの組み合せが何重にもなっている場合には、IF関数に属する引数を特定すること自体が難しくなります。今回、学んでいただいた方法は、機械的に引数を見いだすことができるようにと私が考えたものですが、実際に役立つ方法だと思いますので、ぜひお持ちの検定テキストの練習問題などで使ってみてください。

今回は提供させていただくレッスンのレベルを確認するために、当レッスンで使用しているいくつかの練習問題を解いていただきました。式のコピーや関数式の作成など、いずれも自力で解いておられましたので、Excelを使うための基本的な能力は十分に身につけておられると思います。
今後はレッスン内容を相談しながら、必要な部分を効率的に学んでいけるように工夫して一日も早く目標が達成されるようにしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

新着レッスンノート

前回で関数のレッスンを終えて、今回から集計の基本操作のレッスンに入りました。 はじめにセルの表示形式のユーザー定義書式を学びました。 「表示形式」はセルのデータ内容を変えずに見かけを変えるためのもので、計算のための機能というよりは、画面や印刷でのデータを見やすくするためのものといえます。 ...

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。お仕事でのExcel使用に不安があるとのことです。状況をおうかがいして、Excel操作の基本中の基本といえるセル参照について学んでいただきました。 計算式を縦横にコピーするための複合参照の設定は、次のように順序立てて考えていきます。 ...

文字列関数を使って氏名から名字と名前を取り出す式を作成しました。 「空白を目印にして文字列を左右に分ける関数」というのがあればよいのですが、Excelに用意されている関数はどれも単機能で、単独で気の利いたことを行えるものはむしろ少ないといえます。そのため関数を使って実用的な操作を実現するため...

関数の学びの5回目となりました。今回はIF-OR-IF-VLOOKUPが連なった関数式の復習から始めました。長い関数式を読む場合は、先頭に出てくる関数の構成を把握することが最初に行う作業になります。 ここで「関数の構成」というのは端的にいえば引数の数のことです。その関数が何個の引数を持つ...

前回レッスンの終わりに、Vlookup関数の第3引数をセル番地で指定して、この関数式を横にコピーできるものにしましたが、今回は、この第3引数を数式化することで、「源泉徴収表」の扶養人数に対応する列を自動的に取り出す例を見ていただきました。 関数の引数は(いくつかの例外はありますが)、本来...

レッスンノート ページ先頭へ