サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel 東京 ExcelPro大親切スクール レッスンノート SUBTOTAL関数

SUBTOTAL関数

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。見出しのフォントと本文のフォント、フォントの頭にあるマークなど、普段から気になっておられることについていくつか質問をいただきました。

パソコンフォントはパソコンの普及時から、コードの種類、JIS規格、出力の方法、仕様の策定などで多くの変遷を経てきた歴史があります。私はワープロやDTPの仕事に長く携わってきたため、この変遷をつぶさに体験してきましたので、フォントやプリンタについては興味深いと思われる話がたくさんあるのですが、それはまた当レッスンのブログなどに書きたいと思います。

(見出し)(本文)という語がついたフォントは、現在そのフォントが「テーマ」という機能に関連づけられていることを表していて、テーマを変更することでフォントも変わるようになっています。このテーマはExcel、Word、PowerPointにまたがった機能ですので、テーマという機能をうまく使うことで、それらの文書に見た目の統一性を与えることができるというわけです。

フォントの頭にあるTやOや凸のようなマークは、フォントの性質分けを示すものです。特に凸のようなマークはプリンタフォントを示すもので、これはそのパソコンにインストールされているプリンタが内蔵しているフォントということですので、プリンタフォントを使った文書を、そのプリンタがない環境に持っていくと、同じフォントがないために代用フォントが使われ、当初の印字とは異なる結果が出力されるということが起こります。
実は、TやOのパソコンフォントでも事情は同じなのですが、WindowsパソコンにはWindows付属のフォントが予め備わっていることから、MS明朝など一般的なフォントを使えば、他の環境にその文書を移してもたいていは大丈夫ということになります。

しかしWindowsPCではない環境にその文書を持っていくとやはりプリンタフォントの場合と同様の事態が起こりますので、フォントの共通化が図られ、マイクロソフトのトゥルータイプとアドビのポストスクリプトを統合する形でオープンタイプというフォントが作られました。
また、フォントをPC環境依存ではないようにするために、文書の中に埋め込んでしまうという形でのフォントの共有化も進められました。それがPDFファイルです。

レッスンで使用したSUBTOTAL関数について書くつもりでしたが、ついフォントとプリンタの話に終始してしまいました。私は以前、ポストスクリプトフォントが多数インストールされたイメージセッター(出版用版下フィルムを出力するプリンタ)や、フォント用のハードディスクを内蔵したポストスクリプトプリンタを所有していた時期があったのですが、それらのうちの一台はいまだに捨てることができずに取ってありたいへんじゃまです。^^
このレッスンノートを書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

新着レッスンノート

前回で関数のレッスンを終えて、今回から集計の基本操作のレッスンに入りました。 はじめにセルの表示形式のユーザー定義書式を学びました。 「表示形式」はセルのデータ内容を変えずに見かけを変えるためのもので、計算のための機能というよりは、画面や印刷でのデータを見やすくするためのものといえます。 ...

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。お仕事でのExcel使用に不安があるとのことです。状況をおうかがいして、Excel操作の基本中の基本といえるセル参照について学んでいただきました。 計算式を縦横にコピーするための複合参照の設定は、次のように順序立てて考えていきます。 ...

文字列関数を使って氏名から名字と名前を取り出す式を作成しました。 「空白を目印にして文字列を左右に分ける関数」というのがあればよいのですが、Excelに用意されている関数はどれも単機能で、単独で気の利いたことを行えるものはむしろ少ないといえます。そのため関数を使って実用的な操作を実現するため...

関数の学びの5回目となりました。今回はIF-OR-IF-VLOOKUPが連なった関数式の復習から始めました。長い関数式を読む場合は、先頭に出てくる関数の構成を把握することが最初に行う作業になります。 ここで「関数の構成」というのは端的にいえば引数の数のことです。その関数が何個の引数を持つ...

前回レッスンの終わりに、Vlookup関数の第3引数をセル番地で指定して、この関数式を横にコピーできるものにしましたが、今回は、この第3引数を数式化することで、「源泉徴収表」の扶養人数に対応する列を自動的に取り出す例を見ていただきました。 関数の引数は(いくつかの例外はありますが)、本来...

レッスンノート ページ先頭へ