パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excelレッスンノート 二つのコントロール

二つのコントロール

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。お申し込み時点では表集計の方法について学ばれたいとのことでしたが、受講時にはその課題はすでに解決したとのことで、フォームコントロールを使ったマクロの実行を試してみました。

Excelシートに貼り付けるコンボボックスなどのコントロールには、フォームコントロールとActiveXコントロールという二種類があります。フォームコントロールの方はExcelのセルと結びついた仕様で、また手動マクロの登録が簡単ですので、操作がExcelだけで済ませられる場合はこちらの方が使いやすいといえます。
ActiveXコントロールはVBAとの関わりが深く、VBAのオブジェクト(操作対象物)として機能しますので、プログラムからコントロールの値や書式を扱いたい場合や、VBA中心のExcelシステムではこちらを使います。

今回はフォームコントロールのコマンドボタンを使って、表の一定範囲を削除する動作を行わせてみました。手始めに「開発」タブを表示させることや、マクロ登録手順など、いくつかの操作手順を確認しておく必要がありますが、それさえわかれば簡単に自動実行を実現することができますね。
ただしそれ以上のこと、例えば今回の場合のように、ボタンで表データをクリアするという場合には、削除が実行される前に確認のダイアログを出すことが必要ですし、一定の範囲のクリアでも数式のセルは残したいという場合には別の手順が必要になってきます。

登録したマクロはVBAプログラムとして記録されていますので、コントロールを右クリック、マクロの登録、編集でVBAプログラムを確認してみてください。自分で手動マクロで作成したVBAプログラムは、その動作内容がわかっていますから、プログラム作成の経験がなくても、なんとなく理解できるものです。わかる部分があったら、そこにある数値を変更したりなどして、少しずつ理解を広げていかれるとよいと思います。確認ダイアログの出し方なども、ネット上で調べることができますので、ぜひ取り組んでみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

ExcelPro大親切スクール
星加弘文 (Excel)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

レッスンノート ページ先頭へ