サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel 東京 ExcelPro大親切スクール レッスンノート 体験レッスンを受講していただきあり...

体験レッスンを受講していただきあり...

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。メールとExcelの操作について質問をいただきました。
メール作成時に、下方に入っているご自分の住所などを変更したいとのことでした。WindowsXPのメールソフトということですので、Windows7のXP モードを使って、Outlook Expressでの「署名」の作成・修正とその挿入操作を行っていただきました。
ただ、よくよくお話しをうかがっていくと、その署名は新規メール作成の最初から入っており、またそれはメール作成の場面では変更できないとのことでした。そうすると「ひな形」を使って署名のようなものが作成されていると思われるのですが、通常の文字の署名は「ひな形」には保存されませんので、画像として作成されているということが考えられます。正確な解決にまでは至らなかったと思いますので、お使いのメールソフトの名前と、操作手順の詳細がわかりましたらお教えいただければと思います。
また、画像の圧縮操作についても質問をいただきましたが、これも使っておられるソフトの名前がわからないとのことでしたので、次回お知らせいただければと思います。
新規メールへのWord文書の添付は、Word文書をいったん保存して、その保存したファイルを添付するという手順で行います。Wordで文書を開いたまま、その文書をメールに貼り付けるということではありません。パソコンで行う操作は日常世界での作業とはイメージが違うこともありますね。「添付」の場合、パソコンでは文書を「ファイル」として保存するという一手間が必要になります。
Excelでの罫線の引き方を学んでいただきました。そのときに使用したコントロールキー+1という操作はセルの表示を工夫するときによく使用します。ここでいろいろなことができますので試してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

新着レッスンノート

業務で使用中のExcelブックの数式を解析しました。難しいと思われる部分は予め私の方でやっておきましたので、これまでに学んできた範囲で読める数式をいっしょに読んでみました。 例えば、「区分」に割り当てられている以下の式は読めますね。 =IF($A2="","",IF(OR(LEFT...

新宿、渋谷、吉祥寺、土日はどの街も人であふれかえっていますが、朝の早い時間帯はにぎやかな街ほど閑散とした感じがあります。渋谷も午前中に行くならきれいな街だなと思えますね。 さて、これまで関数式の扱い方を中心にレッスンを進めてきました。今日は、前回お持ちいただいた実務で使用中のExcelブ...

関数レッスンの3回目となりました。前回扱ったIF-OR-IF-VLOOKUPが連なった関数式の復習から始めました。長い関数式を読む場合は、先頭に出てくる関数の構成を把握することが最初に行う作業になります。 ここで「関数の構成」というのは端的にいえば引数の数のことです。その関数が何個の引数...

Vlookup関数の第3引数の使い方を復習しました。関数の引数には数、役割、データタイプ(データ型)という3つの定められた要素があります。 Excelではデータ型というものをあまり意識しませんが、TYPE関数の戻り値を見ると5種類のデータ型があることがわかります。  1. 数値  2...

前回で関数レッスンを終了しましたので、今回はまたExcelの集計機能に戻りました。Excelに用意されている集計機能はレッスン開始当初にピボットテーブルを学びましたが、他に統合、小計などがあります。 統合は前回学んでいただいた「串刺し計算」と似ています。串刺し計算は同じ形に集計済になって...

レッスンノート ページ先頭へ

Excel情報

サイタのExcel講師がブログを通して、Excel情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Excelの先生

@ExcelCyta