サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel 東京 明快Excel(エクセル)講座 レッスンノート Excelの基本的な事柄

Excelの基本的な事柄

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は初日という事でしたので、まずExcelの基本的な事柄についてレッスンさせていただきました。

■セルに入力
セルを選択した状態で数字や文字を打ち込みます。

■セルの編集
編集したいセルをダブルクリックします。カーソル(縦棒|のチカチカ)の場所を動かして文字を編集できます。

■連続での入力
セルを選択したままドラックで複数セルを選択した状態で
入力→Enterを繰り返すと複数のセルをいっぺんにデータが入力できます。

■数式を入れる
数字や記号は全て半角記号を使います。
まず = を入れ、その後に式を入れます。

計算したい数字のあるセルを番地で指定します。
セルの番地は手で入力してもかまいませんが、
クリックでセルを選択すると間違えにくいでしょう。

=A1+A2
A1セルとA2セルの合計が表示されます。

同様に
引き算 - (マイナス)
掛け算 * (アスタリスク)
割り算 / (スラッシュ)
で計算式を入れる事が出来ます。

■罫線を入れる
Macの場合メニューが異なりますが、Windows版でのご説明をさせて頂きます。
画面上のメニュー 『ホーム』タブ 『フォント』グループ にある罫線 田 という記号部分の右側にある▼で、現在選択している範囲の外枠、もしくは内側の縦横線を引く事が出来ます。
同様に『フォント』グループにはWord同様、文字の色や大きさを変えるボタンがありますが、
Word程多くの事が出来ないのでご注意下さい。

■一定範囲の数字の合計を出す。
(SUM関数)
合計を出したいセルを選択し、『ホーム』タブ 『編集』グループ 『Σ』のボタンをクリック
選択セルの上、または左の数字が自動で範囲選択されます。
正しい範囲を選択するには、そのままドラックで正しい範囲を選択します。
後はEnterキーを押せば合計が計算されます。

■同様の計算を縦や横にコピーする
(オートフィル)
計算式を入れたセルや、日付、時間等が入った一つ目のセルを選択します。
選択しているセルの右下の黒い点の上にカーソルを合わせます。
カーソルが細い十字になったら、横か下にドラックします。
ドラックした所まで、式や日時がコピーされます。
日時の場合は『1月、2月、3月…』と言った具合に連続したデータが入力されます。
このレッスンノートを書いたコーチ

IT業界勤務!20代プログラマ~70代初心者まで指導!明快な説明が魅力

目的・種類別にExcel(エクセル)使い方講座・スクールを探す

新着レッスンノート

■その他関数の呼び出し方法 関数は = から直接セル内に書いても良いですが、慣れないうちは間違えやすいので、ダイアログボックスを使うと良いでしょう。 IFなどの関数を入れる場合は数式が関数が見える画面上部、メニューのすぐ下にある『Fx』を押すと、関数ダイアログボックスを呼び出せます。 ま...

■行、列の操作 画面左にある、行方向(縦方向の1,2,3…)の記号や、 画面上のメニューのすぐ下の『列方向』(横方向のA,B,C…)の上でクリックをすると 行まるまる、列まるまるが選択できます。 複数の行や列を選択する際はそのままドラックで選択します。 この時点でそのまま右クリッ...

本日は体験レッスンということでしたので、Excelの基本的な表を作る際に必要な事柄についてレッスンさせていただきました。 ■表示形式の設定をする 画面上のメニュー『ホーム』タブの『数値』グループで、 『%』パーセント表示 『,』カンマ区切り【1,000,000】 【¥】表示 小数点以...

今回はhtmlでメールを送信する為の基本的なノウハウについてのレッスンをさせていただきました。 今回はhtmlでメールを送信する為の基本的なノウハウについてのレッスンをさせていただきました。 Outlook自体はWordの様に文字の一部の色や大きさを変えるためにHTMLはつかいますが、...

今回は初めての体験レッスンということでしたので、普段あまり使っておられないExcelの基本的な操作を思い出していただくのと、知っておくと役に立つ事柄をいくつかレッスンさせていただきました。 ■数式を入れる まず = を入れ、その後に式を入れます。 計算したい数字のあるセルを番地で...

レッスンノート ページ先頭へ