パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excelレッスンノート Excelの基本的な事柄

Excelの基本的な事柄

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は初日という事でしたので、まずExcelの基本的な事柄についてレッスンさせていただきました。

■セルに入力
セルを選択した状態で数字や文字を打ち込みます。

■セルの編集
編集したいセルをダブルクリックします。カーソル(縦棒|のチカチカ)の場所を動かして文字を編集できます。

■連続での入力
セルを選択したままドラックで複数セルを選択した状態で
入力→Enterを繰り返すと複数のセルをいっぺんにデータが入力できます。

■数式を入れる
数字や記号は全て半角記号を使います。
まず = を入れ、その後に式を入れます。

計算したい数字のあるセルを番地で指定します。
セルの番地は手で入力してもかまいませんが、
クリックでセルを選択すると間違えにくいでしょう。

=A1+A2
A1セルとA2セルの合計が表示されます。

同様に
引き算 - (マイナス)
掛け算 * (アスタリスク)
割り算 / (スラッシュ)
で計算式を入れる事が出来ます。

■罫線を入れる
Macの場合メニューが異なりますが、Windows版でのご説明をさせて頂きます。
画面上のメニュー 『ホーム』タブ 『フォント』グループ にある罫線 田 という記号部分の右側にある▼で、現在選択している範囲の外枠、もしくは内側の縦横線を引く事が出来ます。
同様に『フォント』グループにはWord同様、文字の色や大きさを変えるボタンがありますが、
Word程多くの事が出来ないのでご注意下さい。

■一定範囲の数字の合計を出す。
(SUM関数)
合計を出したいセルを選択し、『ホーム』タブ 『編集』グループ 『Σ』のボタンをクリック
選択セルの上、または左の数字が自動で範囲選択されます。
正しい範囲を選択するには、そのままドラックで正しい範囲を選択します。
後はEnterキーを押せば合計が計算されます。

■同様の計算を縦や横にコピーする
(オートフィル)
計算式を入れたセルや、日付、時間等が入った一つ目のセルを選択します。
選択しているセルの右下の黒い点の上にカーソルを合わせます。
カーソルが細い十字になったら、横か下にドラックします。
ドラックした所まで、式や日時がコピーされます。
日時の場合は『1月、2月、3月…』と言った具合に連続したデータが入力されます。
このレッスンノートを書いたコーチ

IT業界勤務!20代プログラマ~70代初心者まで指導!明快な説明が魅力

明快Excel(エクセル)講座
中村和孝 (Excel)

吉祥寺・三鷹・荻窪・西荻窪・武蔵境

レッスンノート ページ先頭へ