パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excelレッスンノート ユーザー定義書式の使い方

ユーザー定義書式の使い方

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

通常レッスンを開始していただきありがとうございます。
体験レッスンに続いて「セルの書式設定」のタブを学びました。
「表示形式」はセルのデータ内容を変えずに見かけを変えるためのもので、計算のための機能というよりは、画面や印刷でのデータを見やすくするためのものといえます。
数値などの表示形式を設定する場合、Excelにあらかじめ用意されている形式で間に合うこともありますが、ユーザー定義書式を使うとより柔軟な表示ができるようになります。お渡ししたヘルプ文書を参考にして、ご自宅のパソコンでいろいろ試してみられることをお勧めします。
セルを選択している状態で、「表示形式」の「数値」から「その他」のどれかをクリックし、さらにその右窓に出ている具体例をクリックして、セルの表示形式を決定し、すぐ続けて「ユーザー定義」をクリックすると、そのときの書式定義内容を「種類」欄で確認することができます。
ユーザー定義書式が4つの区分に分けられることと、#,0,?,_ などの予約語の意味を確認したうえで、上の手順を試してみると、ユーザー定義書式の使い方がわかってきますよ。

コピーに耐える式の書き方を学びました。
式をコピーする場合、SUMIF関数などでのセル参照では、参照する番地の列行ともに$マークをつけて完全に固定してしまえばよい(絶対参照)のですが、縦にも横にもコピーできる式を作るためには行列のいずれかだけに$をつける「複合参照」という書き方をしなければならないことがあります。
練習課題を行っていただきましたが、試行錯誤しながらも解くことができましたね。この複合参照を使った式の書き方は、Excelを使う上での基本中の基本といってよい大切な基礎理解ですので、レッスンの記憶がはっきりしている間に、お渡しした練習データを開いて$マークの付け方を納得がいくまで確認されるのがよいと思います。

DSUM関数を学んでいただきました。SUMIFとDSUMは似ていますが、引数の書き方に微妙な違いがあります。SUMIFでの範囲指定はデータだけだったのに対して、DSUMでは項目名を含めて範囲指定します。またDSUMでの検索範囲は範囲指定の左端列となり、計算範囲は項目名かそのセル番地、または検索範囲左端からの列数を書きます。

PRODUCTとSUMPRODUCTを見ていただき、「配列」という考え方についても確認していただきました。引数のセル範囲を配列として指定する関数では、検索範囲と計算範囲は行ずれした位置関係にあっても構いません。SUMIF関数もその一つです。またお持ちいただいたExcelファイルの中にあったLookup関数も配列を使った計算を行うのですね。

最後にVlookup関数を学びました。Vlookupは表を参照してそこから値を取り出すという単純な関数ですが応用範囲が広く、よく使われる関数です。また第4引数の使い方に特徴があり、そこを1とした場合の動作についても確認していただきました。
関数の学びもあと一回で終了します。がんばりましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

ExcelPro大親切スクール
星加弘文 (Excel)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

レッスンノート ページ先頭へ