パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excelレッスンノート 基本的な操作方法

基本的な操作方法

Excel(エクセル)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日ははじめてのレッスン、かつ始めてのエクセルの体験という事でしたので、
基本的な操作方法をお教えさせていただきました。

画面上部の『ホーム』『挿入』『ページレイアウト』… の部分を『タブ』といいます。

『タブ』ごとにメニューが切り替わります。もっともよく使うのが『ホーム』タブで、
良く使う基本操作が集まっています。

タブは『グループ』ごとに縦線で仕切られています。
今回は主に『フォント』グループのボタンについてレッスンをさせていただきました。


文字や数字を入力している最中、縦線の点滅がでますが、この状態のまま画面上のボタンを押す操作はほとんどできないので、必ず enterキー を押して入力を終了させ、
操作をしたいセル(画面の四角の単位)を選択してから、画面上のメニューを選ぶ様にしましょう。


文字の装飾
下線   U ボタン
背景色 ペンキバケツボタン
文字の色 A 等です。

『田』のマークは罫線で、画面上の四角枠を複数選択した状態でいっぺんに変更する事が可能です。
『田』マーク右の▼ボタンでさらに様々な罫線が引けます。
鉛筆や消しゴムマークで個別に編集もできます。

画面上のグループ『フォント』の右下に付いている四角っぽい小さなボタンから、
さらに詳細な設定が可能な画面が出せます。

ここで更に詳細な罫線の設定や、文字の下線の種類等を変更できます。

また、数字に関しては、合計や平均を出すことが出来ます。
合計や平均を入れたいセルを選択した状態で、
『ホーム』タブの右、『編集』グループの 『オートSUM』ボタンを押せば、
自動で選択された範囲の合計を出せます。
チカチカしている範囲が違う場合は、ドラック(マウスを押し込んだままずらす)で
選択範囲を変更し、正しい範囲が選択できたら Enterキーを押せば終了です。

合計や平均は一度出せば、横や下に同様の式を入れる作業は一気にコピーできます。
これをオートフィルをいいます。
オートフィルのやり方は、まず合計や平均が出せたセルを選択します。
選択しているセルの枠の右下にある、小さな■にマウスを合わせ、
『十』マークにしたまま、横や縦にドラックします。
すると、同じような式がいっきにコピーできます。

入った式の内容や詳細は、画面上のメニューのすぐ下にある『数式バー』に表示されます。
このレッスンノートを書いたコーチ

IT業界勤務!20代プログラマ~70代初心者まで指導!明快な説明が魅力

明快Excel(エクセル)講座
中村和孝 (Excel)

吉祥寺・三鷹・荻窪・西荻窪・武蔵境

レッスンノート ページ先頭へ