サイタ音楽教室ギター教室エレキギター 福岡 本郷裕紀 ギタースクール レッスンノート バッキングのパターンと 右手のストロークの方法

バッキングのパターンと 右手のストロークの方法

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

あらかじめ覚えてもらっていたコード進行を使い、
バッキングパターンの練習を行いました。

ダウンアップでリズムを一定に保ちつつ、
弾かないところは弾かないで空ピッキングし、
大きなノリが出るように練習しました。

右手のストロークの際の腕の使い方などを細かくやりました。
このレッスンノートを書いたコーチ

LAで本場の音楽を体験。初心者も「弾けた!」の感覚が見つかるレッスン

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

お好きな楽曲を題材に、コードについてレッスンしました。 なぜ、そのコードがその抑え方なのか、応用の仕方など。 そして耳コピのやり方も行いました。シンプルなフレーズからどう音を探していくのか。

6弦と5弦のルート音から、メジャー、マイナーのコードを導き出す練習をしました。 その上で、課題曲のコード進行を用いて実際弾いてもらいました。 またバレーコードも出てきましたので、バレーコードの綺麗に音の出るようになるコツなども行いました。

6弦と5弦のルート音を覚えてきてもらっていたので、 そのルート音を元に、いくつかのコードの形を覚えてもらい、コードの仕組みについてやりました。 また、スケール(音の並び)も関連づけて、説明しました。

今回からメトロノームを使った練習を行いました。 それにより、リズムへの意識の捉え方が以前より向上したと思います。 ストロークに関しても、どう腕を使えば無駄なく動けるのか、細かいポイントなどもやりました。 今回は右手中心のレッスンになったと思います。

あらかじめ覚えてもらっていたコード進行を使い、 バッキングパターンの練習を行いました。 ダウンアップでリズムを一定に保ちつつ、 弾かないところは弾かないで空ピッキングし、 大きなノリが出るように練習しました。 右手のストロークの際の腕の使い方などを細かくやりました。

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta