サイタ音楽教室ギター教室エレキギター 埼玉 ギタースクール・ホワットイフ レッスンノート ギターの基礎レッスン

ギターの基礎レッスン

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ドレミのローポジションでの弾きかたと、ピックの持ち方やミュートの方法などをレッスンしました。

ローポジションでのドレミは全ギタリスト必修なので、必ず覚えるようにしましょう!


ミュートの方法は大きく分けて二種類。

右手で行うブリッジミュートは、ピッキングする際に右手の手刀部分をギターのブリッジ部分に押し当てる方法です。

余計な音のサステイン(伸び)を無くし、ズクズクと締まりのあるサウンドを出す奏法です。

主に5、6弦の低音弦に掛けることが一般的で
右手を置く位置によってミュートの掛かり具合をコントロールします。

自分の出したい音になるように右手の位置を調整しましょう。


左手のミュートはコードを弾く際とても重要なテクニックです。

ギタリストが右手で大きくピッキングしても余計な音を鳴らさないのは、左手のミュートを常に行っているからなんですね。

オクターブ奏法
例 3弦=9F
5弦=7F
の時など、押さえているポジション以外は実は全弦ミュートしているのです。

押さえていない指の腹や指先などを使って。


ミュートは地味なテクニックですが習得していないとギターサウンドが大暴走してしまいます。

レッスンの中でも普段の練習でもしっかりやっていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

映画への楽曲提供、14歳からライブハウス出演も!幅広いジャンルとアドバイス

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

Mr.ChildrenのHANABIの間奏部分をピックアップして、Ⅱ→Ⅴ→Ⅰのコード進行を解説しました。 Ⅱコードはダイアトニックの2番目のコード つまりマイナーコードで、表記はⅡマイナー=「Ⅱm」 Ⅴコードは5番目のコードで「ドミナントコード」と呼ばれ、楽曲を構成する上でとても...

Cissy Strutのリフをレッスンしました。 Aマイナーペンタトニックでは、一般的に人差し指を5フレット近辺=Aに置いてフレージングすることが多いですね。 対してこの曲のリフは、8フレット近辺=Cで弾いています。 つまりCマイナーペンタトニックを基調としたフレーズ、曲だという...

Dmスケールを練習しました。 Dmスケールの構成音は D,E,F,G,A,B♭,C です。 マイナースケールのフィンガリングの型をそのまま覚えてしまうことが実は効果的です。 スタートする音(この場合はD)だけ指板上で捉えてしまえれば、とりあえずは型で弾ききることが出来ます。 ...

F#、F#m Gm、Bmなど新しいコードをレッスンしました。 F#はFの半音上という意味ですね。 つまり、Fを押さえたまま全体を1フレット右へ平行移動すればOKです。 F#mはF#の型から中指を離すコードです。 GmとGも同様ですね。 「3弦を押さえる中指の有無で、メジャー...

ディストーションサウンドで、ミュートをよくチェックしましょう。 音を歪ませるとアンプが拾う音量も増幅され、クリーントーンではあまり聴こえなかったギターのノイズが目立つようになります。 開放弦ノイズは特に気をつけたいです。 TRUTHのリフでは、左手人差し指のミュートと、右手のブリ...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta