音楽教室ギター教室エレキギターレッスンノート 耳コピ大会でした(笑)

耳コピ大会でした(笑)

エレキギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回はカポを使いましたが、キーをまずは探した段階でE♭だったので、
1カポにすればキーDと同じ感覚(開放弦が使える)で出来るからです。


逆に半音下げチューニングにすれば、キーEと同じ感覚で弾くことが出来ます。

基本はなるべく開放弦を多く使えるようにしたいので、
そうなるとギター的には、C,G,D,A,Eのどれかにキー変更出来るようにカポやチューニングを上手く使うことが大切だと思います。
ただし、あまりに高い位置にカポをすると、6弦の低音側が使用不可能になるため、低いルート音を出したり、低いリフなどのフレーズは弾けなくなります。
チューニングは当然、普通のギターなら、半音〜全音下げ、またはドロップDが限界となるため、その辺りも考慮して決めなければいけないので、結構難しいですね(^^;;

ライブ動画とかがあれば、カポの位置は大体わかったりしますが
、、、

またやりましょう!(^◇^)
このレッスンノートを書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

レッスンノート ページ先頭へ

エレキギター情報

サイタのエレキギター講師がブログを通して、エレキギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキギターの先生

@EGuitarCyta